退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
2009年5月、春のバラシーズンを前に、待望のガゼボ(東屋)の建築に取りかかりました。
特別の設計図があったわけではなく、頭の中でのイメージとして、床は2m*2mの四角形、屋根は方形(四角錐)程度のもので、その都度考えながら作業を進めました。
した。

ホームセンターで2×4材を購入し、加工は、逐次に現場合わせで行いました。
写真1の床枠は一辺が225㎝で、写真2のように、床を地面から少し上げるため、四隅を30㎝角・厚さ3㎝のコンクリート板に乗せました。

このままでは、風による倒壊の恐れがあり、地面に固定するため、12カ所ほど、100㎝鉄筋をアンカーとして床枠にとめました。

2009.05.04 004 (500x353)
【2009・05・04 写真1】

四方の柱は、高さ200㎝です。(柱に限らず、各寸法は、購入したものの長さを、できるだけ最大限に活用するようにしました)
床枠に床板を張り、柱を立ち上げたところです。 

2009.05.06 005 (500x353)
【2009・05・06 写真2】

四方に、腰高部分まで既製品のルーバーラティス(北側入り口部は、カットして取り付)と上部に手すりを取り付けました。

2009.05.08 013 (500x353)
【2009・05・08 写真3】

次は、屋根の骨組み作りでしたが、棟木の支えがないために、これが最も苦労しました。
なにせ、全て一人での作業で大変でしたが、垂木、破風板を取り付けました。

2009.05.10 018 (500x364)
【2009・05・10 写真4】

次に、屋根の下地を杉板で張りましたが、内側(屋根裏)は、一応のカンナがけをしました。

2009.05.14 023 (500x363)
【2009・05・14 写真5】

次は屋根張りです。緑色のものは、防水シートで、屋根材はアスファルトシングルです。
少しおしゃれに、水切りも取りつけました。

屋根の見栄えと、暴風による雨水の吹き上がり漏水防止のため、勾配を少し大きくしたため、足場の状態が悪く、第二の難工事でしたが、ロープで足場を確保しながら、何とかしのぎました。

2009.05.19 031 (500x367)
【2009・05・19 写真6】


北側から見た完成写真です。
5月4日に着工して、5月19日に完成しましたが、実際の作業日数は、約一週間かかりました。
材料費は約15万円でしたが、その内1/3はアスファルトシングルの経費で、やや想定以上にかかりました。

2009.05.20 049 (500x353)
【2009・05・19 写真7】

これで、2009年春のバラシーズンを迎えるための大きな準備が終わりました。
その後、このガゼボは、バラ園管理作業の休憩所として、また来園者との交流の場所などとして、大変に重宝しています。

この年から、口コミで、少しずつ見学者が増え始め、いろいろな交流が始まりました。

『 バラ園のあゆみ 6 』

2012/01/12 23:02 バラ園エクステリア TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/8-af32ca61
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。