退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
10月になり、バラ苗の大苗が出回る季節となりました。

そこで、今年から始めているバラの栽培講習会に参加している皆さんに、バラ苗の共同購入を呼びかけてみました。

狙いは、受講生の皆さんに、これまでの講習会の内容を踏まえ、苗の購入(品種選び)から、植え付けやその後の管理を実践してもらい、より一層バラに親しんでもらうこと、共同購入によって、送料等も含めた苗の購入単価を節減することです。

受講生は、27名ですが、夫婦が二組あり、実質25人の内、17人の参加がありました。

先週までのところで、数社のカタログを回覧し、各人の希望を取りまとめたところ、70本余りとなりました。

その後、10月4日と6日の二日間、個人ごとに相談会を設定し、それぞれの事情(バラの好み、望むバラの楽しみ方、植え付け予定地の状況、管理労力の程度 等)を聞きながら、具体的な品種選定をアドバイスしました。

CIMG0108 (500x375)
【 バラ苗共同購入 個人相談会 】

その結果、17人で、総本数は、79本となりました。
内訳は、ハイブリッドが26本、フロリバンダが33本、ミニバラが2本、つるバラが7本、イングリッシュローズ(木立タイプ)が11本です。

事前の講習会において、品種選定の視点として、「自分の庭の面積等を踏まえて、樹高や樹形を重視し、花色・花形は、その後のポイント」ということを話していましたが、やや花色・花形に目が行く傾向が見られました。(カタログの写真を見て選ぶので、そうなりやすい)

その結果、要望段階では、ハイブリッドの割合が多く、またミニバラも相当数ありました。

相談会では、各自の庭の状況等を踏まえて、植え付けの組み合わせ(樹高・樹形の組み合わせ、バランス)から、フロリバンダの割合を多くしてもらうよう助言しました。

さらに、耐病性品種への変更も、かなりありました。

講習会開始の時に、皆さんからお聞きした栽培の状況では、25人の本数は約280本(平均12本)でしたので、これが、来春には、360本に増えます。

また、今回の苗の共同購入を通じて、最も良かったことは、5人ほど、助言会に、簡単なものではありましたが、自分のバラ園(植栽予定地)の図面を書いて持参されたことです。

このことは、ささやかなことではありますが、これまでの、「ただバラを植えている」から、本当の意味で「バラを育てる」ことへのステップとして、大切なことであり、講師を務めているものとしては、うれしい限りです。

また、ぜひ自分の庭を見てほしいという要望もあり、できる限り応えていきたいと思っています。

来春のバラシーズンには、このたび購入するバラが満開ということにはなりませんが、数年後には、皆さんが、満開のバラに囲まれいる姿が、目に浮かびます。


2012/10/07 14:32 人・交流・学習 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/60-f7b7229a
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。