退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
前回(9月3日)に、ハイブリッドとフロリバンダの夏剪定について書きましたが、9月1日から始めたジョウラクローズガーデンの夏剪定は、今日(9月6日)終わりました。

一般的に、夏剪定は、四季咲き・ブッシュタイプのハイブリッドとフロリバンダ(特にハイブリッドを基本とし、フロリバンダに応用)を対象とした剪定技術であり、イングリッシュローズ(四季咲きでないものがある、シュラブタイプ)には、そのまま当てはめにくい面があります。

そこで、今回は、イングリッシュローズの夏剪定について報告します。

ジョウラクローズガーデンには、イングリッシュローズが、ツル仕立てにしているものを除いて11本あります。

9月1日の、剪定前のイングリッシュローズコーナーです。
手前がクレア・オースチン、中央がグラミス・キャッスルです。

イングリッシュローズ (500x333)
【 イングリッシュローズ 9月1日 】

さて、私が、イングリッシュローズの夏剪定の手法について参考としているものは、「NHK出版 イングリッシュローズのすべて  監修 有島 薫/鈴木満男」の中に書かれている考え方です。

これは、イングリッシュローズを、ブッシュタイプ(A)、シュラブタイプ(B)、クライミングタイプ(C)に区分し、完全四季咲きのブッシュタイプ(A)は、一般的な夏剪定を行い、シュラブタイプ(B)は、花がら切りを続けるだけにするというものです。

ジョウラクローズガーデンでも、イングリッシュローズについては、植え付け当初からこの考え方を実践しており、僭越ながら、良い方法だと思っています。

ちなみに、ジョウラクローズガーデンの11本を分類すると、次のようになります。

ブッシュタイプ(A1) 木立性ブッシュに近い株姿で、概ね花が大輪
 
ダーシー・バッセル    ジュビリー・セレブレーション     フォルスタツフ     ザ・スクワイヤー    シャリファ・アスマ     アンブリッジ・ローズ


ブッシュタイプ(A2) 木立性ブッシュに近い株姿で、概ね花が小~中輪

ブライス・スビリット   グラミス・キャッスル       モリニュー 


シュラブタイプ(B1) 半つる性のシュラブの株姿で、花壇で支柱を立てずに楽しむと良いもの

パット・オースチン    クレア・オースチン 

          
シュラブタイプ(B2) 半つる性のシュラブの株姿で、つるバラとしての利用がおすすめのもの

ジョウラクローズガーデンには、ありません。(アブラハム・ダービー 等)


以下は、イングリッシュローズの夏剪定のビフォアー・アウフターです。

ジュビリーセレブレーション A1剪定前 (353x500)
【 ジュビリー・セレブレーション A1 剪定前 】

前回と同様に、右側ポールは、上部黄色が100㎝、中心が50㎝です。

ジュビリーセレブレーション 剪定後 (353x500)
【 ジュビリー・セレブレーション A1 剪定後 】

剪定前の約90㎝を65㎝に切り下げました。

ブライススビリット A2 剪定前 (354x500)
【 ブライス・スビリット A2 剪定前 】

ブライススビリット 剪定後 (354x500)
【 ブライス・スビリット A2 剪定後 】

剪定前の約80㎝を55㎝にしました。
Aタイプは、ブッシュであり、ハイブリッドやフロリバンダとほぼ同様な感じです。

モリニュー    A2 剪定前 (353x500)
【 モリニュー A2 剪定前 】

モリニュー   剪定後 (353x500)
【 モリニュー A2 剪定後 】

約110㎝を75㎝に切りました。

パットオースチン  B1 剪定前 (353x500)
【 パット・オースチン B1 剪定前 】

パットオースチン   剪定後      (353x500)
【 パット・オースチン B1 剪定後 】

シュラブタイプであり、剪定前の約105㎝を90㎝の浅い剪定としました。

ジョウラクローズガーデンのイングリッシュローズは、全て完全四季咲きタイプですが、いずれも生育はよく、耐病性もあります。

樹間を広めに植栽し、ゆったりと育てると雰囲気が出ると思います。



2012/09/06 07:38 バラの剪定・誘引 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/56-2305f5d9
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。