退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
バラ色の人生」という言葉がありますが、皆さんは、この言葉の「バラ色」について、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

「赤」・「黄色」・「ピンク」、「オレンジ」、それとも「白」でしょうか。
はたまた、これらの色が混ざり合って、色とりどりのバラが咲き乱れる情景でしょうか。

映画などで、恋人の誕生祝いやプロポーズに贈られるものは、「真紅のバラ」が多いような気がします。
また、加藤登紀子さんの「百万本の薔薇」も、「真紅のバラ」だったと思います。

さて、今回のバラのポストカードは、「ラ・ヴィ・アン・ローズ」です。
直訳すると、「バラの人生」ということのようですが、ことわざとして「バラ色の人生」と訳されているようです。

ラビアンローズ (2) (500x337)
【 ラ・ヴィ・アン・ローズ 1 】

このバラは、ピンクですが、皆さんのイメージする「バラ色の人生」の「バラ色」と合致しましたでしょうか。
私自身は、ピンク系をイメージしていました。

勝手な解釈ですが、「赤」は情熱的・活動的ですし、「白」は清楚な感じです。
「バラ色の人生」としては、「穏やかな人生の中にも、未来への希望を予感させる色」として、ピンク系かなと思いました。

ラビアンローズ (500x354)
【 ラ・ヴィ・アン・ローズ 2 】

フランス語の名前がついていますので、フレンチローズかと思っていましたが、1994年に日本で作出されています。(バラ図鑑)

フロリバンダで、樹形は横張りです。色はピンクですが、白色を含んだ濃淡があります。
強健で、育てやすいバラです。


2012/04/07 09:13 フロリバンダ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/33-45b1830f
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。