退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
       根頭癌腫病の外科的治療

 ロザリアンにとって、バラを栽培する上で、現在、最も困っていることは「根頭癌腫病」の対策ではないでしょうか。

 最近は、業者が苗の出荷時に、薬液に浸漬しているところもありますが、ほとんどの場合、苗購入時にすでに感染しており、栽培者としては、根治させる方策がないのが実情です。

 冬剪定後、寒肥の前に、対症療法ですが外科的処置を行いました。

 あくまでも、個人的知見によるものであり、科学的に確立したものではありません。

 ①発病株を確認する。
 ②病巣部を切り取る。
 ③木酢液の原液をスプレーする。

 私が、この対策の根拠にしていることは、根頭癌腫病菌(バクテリア)は、熱と酸に弱いこと です。

 今日は、フロリバンダ系62株を点検したところ、10株が発病していました。

 残りは、まだ250株ほどありますが、株が比較的若いので、全園的には、10%程度の発病率と思います。

 幸いに、当園では、根頭癌腫病によって廃棄や枯死にに至ったことはありません。

 写真上段は発症患部、 下段は切除後と癌腫

根頭癌腫1 (600x405)

根頭癌腫2 (600x405)

根頭癌腫3 (600x405)
2016/03/09 15:28 バラの病害虫防除 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/168-e1d8954c
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。