退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
          リアル 秋バラシリーズ(№ 16)

 「ハニーブーケ 」、2000年 米JP作出 フロリバンダ

 黄色のバラは、ややもすると存在感が強く、花壇で他の草花とマッチしにくいことがありますが、ハニーブーケは、他のものと強調し合う優しい色と花形をしています。

 耐病性もあり、樹形もまとまって育てやすいバラと思います。

 16ハニーブーケ (600x405)
 【 ハニーブーケ 】


          リアル 秋バラシリーズ(№ 17)

 「ピンク オブ プリンセス 」、2008年 河本バラ園作出 ハイブリッドティ

 女性育種家、河本純子さん作出のバラで、光り輝くような透明感のあるローズピンクの花色は、ハッとする美しさがあります。

 人目をひく色ながら、ひらひらとした愛らしい花びらが優しい雰囲気を作り出します。

 ローズピンクは、日本の色見本としては、「薔薇色(そうびしょく)」に近いもので、いわゆる「バラ色」と言って良いものと思います。 

 17ピンクオブプリンセス (600x385) (2)
 【 ピンク オブ プリンセス 】


          リアル 秋バラシリーズ(№ 18)

 「グランド プライズ 」、2003年 米J&作出 フロリバンダ

 花弁の重ねは薄いですが、ウエーブのかかった花は豪華で、見応えは十分です。 
  
 咲き進むと、赤紫色の雄しべが、ほどよいアクセントとなり、また趣の異なる美しさが感じられます。

 花持ちは極めて良い部類で、飽きが来ないバラです。たまたま「人」文字の形になりました。

 18グランドプライズ (600x401)
 【グランド プライズ 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 19)

 「シャルル・ドゥ・ゴール 」、1974年 仏 メイアン作出 ハイブリッドティ

 ご存じ、フランス元大統領のシャルル・ドゥ・ゴールの名を冠したバラ。

 華やかな花形と花色、香も楽しめる優れた品種と思います。

 栽培面では、株の年数がたつとシュートの発生が少なくなるので、古枝を大切にする必要があります。

 青バラとしては、花形・花色が安定しており、写真写りも良いことから、ぜひコレクションに加えたい品種です 

 19シャルルドゥゴール (600x405)
 【 シャルル・ドゥ・ゴール 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 20)

 「ゴルデルゼ」、1999年 独 タンタウ作出 フロリバンダ

 株はコンパクトですが、フロリバンダとしては大きめの花をつけます。

 橙~カラシの花色は、存在感がありますが、バラ園の中に溶け込んで、ほどよいアクセントとなります。

 花名は、ベルリンにある有名な戦勝塔の女神像の愛称だそうです。

 20ゴルデルゼ (600x405)
 【 ゴルデルゼ 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 21)

 「ノックアウト」&「ピンクノックアウト」

 修景バラの「ノックアウト」は、いわゆる「ノックアウトシリーズ」元祖第1号です。

 修景バラ(Landscape Rose)は、手入れが少なくても丈夫に育つ品種カテゴリーで、ハイブリッティドなどの遺伝的系統ではありません。

 ローズペイサージュとも呼ばれ、公園や道路などにも利用され、環境に優しいバラと言えます。

 現在、ノックアウトシリーズとしては、8品種ありますが、ノックアウトと、その枝変わり(突然変異)のピンクノックアウトは、中核品種です。

 近年、バラの世界でも、「環境に優しい」ということが、育種の一つのコンセプトになっていますが、私はロザリアンの一人として、近い将来、修景バラの中から、世界バラ会連合の殿堂入りするものが出てくることを期待しています。

 修景バラは、個々の花を単独で観賞することも悪くありませんが、修景として楽しむ意味から、株の写真としました。

 21-1ノックアウト (2) (600x400)
 【 ノックアウト 】


 21-2ピンクノックアウト (3) (600x401)
 【 ピンクノックアウト 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 22)

 「ノヴァーリス」、2010年 独 コルデス作出、フロリバンダタイプ

 カタログによると、現在おける青バラの中では、最も丈夫で病気に強い品種と説明されています。

 確かに、実際に栽培してみると、黒星病やうどんこ病にはとても強く、株の夏バテもないように思います。

 花名は、18世紀の詩人で小説家の「青い花」の作者の名前に由来しているとのことです。

 22ノヴァーリス2 (600x406)
 【 ノヴァーリス 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 23)

 「銀嶺」、1990年 京成バラ園芸発表、フロリバンダ

 日本のバラ育種の魁け 鈴木省三氏作出のバラ

 カタログによっては、「ギンリョウ」とふりがながつけられているものもありますが、「ギンレイ」が正しいようです。

 房咲き中輪種のフロリバンダとしては、花形が整い香りも良いバラです。

 写真では、注意しないと分かりかねますが、蕾が開く段階で、剣弁の弁端に薄いピンク色がのり、何とも言えない味わいがあります。

 株は強健で、多花で花持ちも良く、白バラとして優れた品種と思います。

 23銀嶺6 (600x405)
 【 銀嶺 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 24)

 「黒蝶」、2005年 京成バラ園芸、フロリバンダ

 いわゆる「黒バラ」の部類で、黒バラは、一般的には、花弁が日焼けにより縮れが起きやすい面がありますが、このバラはあまりありません。

 また、咲き切ってもロゼット咲きになるため、美しさと気品を損ないません。

 さらに、花付き、花持ちの良さもトップクラスで、アレンジなどにもピッタリです。

 総合的に見て非常に優れたバラだと思い、お奨めの品種です。

24黒蝶1 (600x405)
 【 黒蝶 】


          リアル 秋バラシリーズ(№ 25)

 「モナリザ」、1980年 独 コルデス、フロリバンダ

 中輪系のフロリバンダとしては、大輪の高性品種です。

 実際に栽培してみると、花形や花の付き方はハイブリッドティを彷彿とさせます。

 花容は気品に溢れ、ソフトオレンジからピンクのグラデーションは実に魅力的ですが、残念ながら、近年のカタログ等には掲載されていません。

 名前は、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナリザ」に因みます。

 余談ですが、その昔、中学校の美術で学んだときは、「モナリザ」でしたが、近年は、「モナ・リザ(Mona Lisa)」と表記されています。

 25モナリザ6 (600x412)
 【 モナリザ 】


          リアル 秋バラシリーズ(№ 26)

 「ボニカ '82」、1982年 仏 メイアン、 シュラブ

 2003年に「世界バラ会連合殿堂入り」した名花です。

 長く伸びたシュートに、パステルピンクの花がスプレー状の大きな房咲きになり、魅力的です。

 ランドスケープローズとして位置づけられ、耐病性に優れ、丈夫でほぼ無農薬で育てられます。

 枝変わりに、花色が濃い「ロイヤルボニカ」があります。

26ボニカ82 (600x406)
 【 ボニカ '82 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 27)

 「ロイヤル ボニカ 」、1992年 仏 メイアン、シュラブ

 2003年に「世界バラ会連合殿堂入り」した名花「ボニカ '82」の枝変わりです。

 「ボニカ '82」より花色が濃く、樹形もやや大型です。

 花付き、半持ちが良く、アレンジにも合わせやすくて重宝しています。

 また、耐病性に優れ、特にうどんこ病には特に耐性があり、管理も容易です。

 個人的感想ですが、総合的に見て「ボニカ '82」より優れているように思います。

 27ロイヤルボニカ (600x405)
 【 ロイヤル ボニカ 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 28)

 「シェエラザード 」、2013年 日本 木村卓功、シュラブ

 今、女性に最も人気のあるバラの一つで、「日本の高温多湿でも良く咲くバラ」をコンセプトとして、「ロサ オリエンティス」のブランドで販売されています。

 紫を帯びた濃ローズ色、とがった弁先と緩やかな波状弁が魅力的です。

 ただ、当園では、やや花付きが悪いような気がしますが、その原因が、株が若いせいかどうかは、現時点では判然としません。

 品種名は、アラビアンナイトのヒロインに因むそうです。

 28シェエラザード2 (600x405)
 【 シェエラザード 】



          リアル 秋バラシリーズ(№ 29)

 「浪漫 」、2006年 京成バラ園芸 フロリバンダ

 サーモンを帯びたレンガ色、レトロな雰囲気の花色が、和と洋が絶妙に調和した大正ロマンを彷彿とさせます。

 花つきがよく、花弁質も強いため、蕾から散るまで長く楽しめます。

 トゲも少なく、落ち着いた雰囲気で、アレンジにも合わせやすく、大変重宝しています。

 「ロマン」ではなく、「浪漫」という花名も日本的味わいがあり、まさにクラシックとモダンの両方の魅力を楽しめ、私のお気に入り品種の一つです。

 29浪漫 (600x405)
 【 浪漫 】



      リアル 秋バラシリーズ(№ 30)
 
 「黒真珠 」、1988年 京成バラ園芸、ハイブリッドティ

 ミスターローズ こと 鈴木省三さん作出の黒バラ

 濃黒赤色で、最も黒いバラの一つで、日焼けしにくく、ビロードのような光沢が美しい。

 まさに黒真珠の名前はピッタリで、咲きはじめの花をコサージュとしてはいかがでしょうか。

 ただ、栽培実感として、樹形が横張りで枝のまとまりに欠けること、シュートの発生が少ないため、管理にやや工夫が必要な気がします。

 30黒真珠2 (600x405)
 【 黒真珠 】

2016/01/12 13:06 バラ園風景 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/163-9dbcd006
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。