退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 バラのポストカード №7~№26は、ハイブリッドティ シ リーズです。


     バラのポストカード (№ 7)

 写真上段は、バラ好きの方であれば、知らない者はないほどに有名な「ラ・フランス」です。

 ラ・フランスは、大輪四季咲で、ハイブリッド・ティの第1号とされていますが、フランスで、このバラが発表された1867年は、それまでのオールドローズからモダンローズへの切り替わり年とされており、名実共に銘花です。

 下段写真は、「ピース」です。

 このバラは、第二次世界大戦末期の1945年、平和への願いを込めて名付けられ、その後1976年に、初の「栄誉の殿堂入りバラ」に輝いています。

 両バラとも、やや花もちが短い気がしますが、花形・花色から滲み出る気品は見るものを魅了します。

 7-2ラ・フランス (600x406)
 【 ラ・フランス 】

 7-1ピース (600x427)
 【 ピース 】



     バラのポストカード (№ 8)

 雨に咲く大輪のバラ 2種です。

 雨に濡れたバラも風情があり、雨上がりはシャッターチャンスです。

 写真上段は、「クイーン・エリザベス」で、1978年に「栄誉の殿堂入りバラ」に選ばれた銘花です。2㍍近い樹高と気品溢れる花姿は、まさに女王の名にふさわしい気がします。

 下段は、「ウィンショッテン」で、メイアン、2000年作出

 この写真は、剣弁のような雰囲気ですが、丸弁高芯でロゼット咲に進みます。

 8-1クイーンエリザベス (600x405)
 【 クイーンエリザベス 】

 8-2ウィンショッテン (600x405)
 【 ウィンショッテン 】



     バラのポストカード (№ 9)

 銀幕のスターに因む大輪のバラ、2種で、赤とオレンジ、それぞれのバラは際立つ存在感で来園者を魅了します。

 上段写真は、「イングリッド・バーグマン」

 2000年に「栄誉の殿堂入りバラ」に選ばれています。その名の由来となった女優イングリッド・バーグマンは、スエーデン出身のハリウッドを代表する知性と美貌のスター、「別離」や「カサブランカ」が有名です。

 下段写真は、「カトリーヌ  ドゥ ヌーブ」

 ミュージカル映画「シェルブールの雨傘」で有名なフランスの女優、カトリーヌ ドゥ ヌーブに因むバラです。
 
 9-1イングリッド・バーグマン (600x406)
 【 イングリッド・バーグマン 】

  9-2カトリーヌ・ドゥ・ヌーブ (600x405)
 【 カトリーヌ ドゥ ヌーブ 】 



     バラのポストカード (№ 10)

 男性に因む大輪のバラ、2種です。

 上段写真は、「パパ メイアン」、1988年に「栄誉の殿堂入りバラ」に選ばれた黒バラの名花です。

 この名前は、作出者のアランメイアンが、メイアン社の伝統を守り続けてきた祖父 アントワーヌ メイアンに尊敬と感謝の気持ちを込めて、祖父の愛称をつけたと言われています。

 下段写真は、「シャルル・ドゥ・ゴール」

 このバラも、フランス メイアンの作出で、第18代フランス大統領に捧げられ、その名がつけられています。

 フランスでは、シャルル・ドゥ・ゴールの名前は、国際空港・原子力空母・凱旋門広場・セーヌ川の橋などにもつけられています。

 10-1パパメイアン2 (600x406)
 【 パパメイアン 】

 10-2シャルルドゥゴール (2) (600x405)
 【 シャルル・ドゥ・ゴール 】



     バラのポストカード (№ 11)

 「栄誉の殿堂入りバラ」の2種です。

 上段写真は、「ドフトボルケ」

 別名が「フレグラントクラウド」ですが、いずれの意味も「香りの雲(香る雲)」というそうです。

 1981年第5回大会で殿堂入りし、素晴らしいフルーツ香がありますが、やや耐病性が弱いように思います。

 下段写真は、「ダブル・デライト」

 黄色みを帯びたアイボリーから、咲き進むと赤色に変化し、その色合いの如く、まさに「二重の喜び」に相応しい花姿です。

 1985年第7回大会で殿堂入りしていますが、現在16種が選ばれている「栄誉の殿堂入りバラ」の中で、その華やかさは傑出しているように思います。

 貴方にとって、「二重の喜び」とは、何でしょうか。

 11-1ドフトボルケ (3) (600x405)
 【 ドフトボルケ 】

 11-2ダブルディライト2 (600x405)
 【 ダブル・デライト 】



     バラのポストカード (№ 12)
 
 表弁が赤、裏弁が白のコントラストが魅力の2種で、この裏弁が白いことを、私は、勝手に「裏白(ウラジロ)」と呼んでいます。
 
 上段写真は、「ラブ」
 
 1980年に発表された少し古いバラですが、花つきがよく、まとまりの良い株で私の好きな品種の一つです。
 
写真下段は、「マダムミユキ」
 
 2010年、京成バラ園芸作出で、「マダム」を冠した品種名はたくさんありますが、これは、鳩山元首相夫人に捧げられたバラです。
 
 両品種とも、赤と白のコントラストが美しさを際立たせていますが、ラブは花が上向きに、マダムミユキは、ややうつむいて咲きます。

 12-1ラブ (3) (600x407)
 【 ラブ 】

 12-2マダムミユキ (2) (600x405)
 【 マダムミユキ 】



     バラのポストカード (№ 13)

 日本を代表する女性のローズブリーダー 河本純子さんのバラ、2種です。

 河本さんと言えば、「ブルーヘブン」に代表される青系のバラ、波状弁のフルフル咲き等が特徴的と思いますが、皆さんのイメージはいかがでしょうか。

 上段写真は、2007年作出の「グレース・クイーン」

 下段写真は、2008年作出の「サイレント ラブ」

 河本さんは、「グレース・クイーン」もさることながら、「サイレント ラブ」を命名されるに当たって、このバラにどのような思いを込めて、この名をつけられたのでしょうか。

 皆さんは、この名前から、どのような「愛」を思い浮かべられますか。

 13-1グレースクイーン (600x405)
 【 グレース・クイーン 】

 13-2サイレントラブ (600x405)
 【 サイレント ラブ 】



     バラのポストカード (№ 14)
 今回は、名前にこだわってみました。

 バラの名前は、英語やフランス語等を、日本語でカタカナ表記したものが大半で、漢字名は少数ですが、その中でも、漢字一文字のものは、希少な存在です。

 実際に「バラ大図鑑」に掲載されている1000種余りの中で、「禅(FL)」、「絆(CL)」、「紅(FL)」のわずか3種しかありません。

 この他、私が知る限り「夢(HT)」、「凜FL)」もありますが、漢字一文字と言うのは、わずか一文字故に、命名者の優れたセンスと共に、見る者(栽培者)にとっても、無限の想像力をかき立てられ、まさに日本人的感性の世界のように思います。

 そのような中で、写真のバラは、ハイブリッド・ティ「宴(うたげ)」で、京成バラ園芸1979年作出です。

 皆さんにとって、「宴」は、どのようなイメージでしょうか。

 14-1宴 (1) (600x405)
 【 宴 1 】

 14-2宴 (2) (600x405)
 【 宴 2 】



     バラのポストカード (№ 15)
 
 「ベルサイユのばら」です。

 このバラの名前の元になったものは、皆さんご存じの、池田理代子原作で、宝塚歌劇の不朽の名作である 'ベルサイユのばら' です。

 写真は、メイアン20125年作出で、後のベルバラシリーズの先駆けとなったバラ「ベルサイユのばら」です。

 花弁は、ビロードのような真紅で、まさに情熱的なベルサイユのバラの世界そのものです。

 このバラの後、現在まで、「オスカル フランソワ(白)」、「王妃アントワネット(ピンク)」、「アンドレグランディエ(?)」、「フェルゼン伯爵(ラベンダー)」、ロザリーラ モリエール(桜ピンク)」の5品種が追加発表され、ベルバラシリーズとなっています。

 宝塚ベルバラファンの中には、この6品種を揃えてお楽しみの方もあると思います。
 
 15-1ベルサイユのばら (600x406)
 【 ベルサイユのばら 1 】

 15-2ベルサイユのばら (4) (600x401)

 【 ベルサイユのばら 2 】



     バラのポストカード (№ 16)
 
 黒いバラ 2種です。

 上段写真は、「ブラック・バッカラ」

 その名のとおり、最も色の黒いバラの一つで、花は小ぶりですが、花付き、花もちは良いようです。元々、切りバラ用品種であり、扱い易いように思います。
 
 下段写真は、「黒真珠」

 樹形は横張りで、やや管理しにくいところがありますが、花形は多彩な表情を見せます。京成バラ園芸、故 鈴木省三 氏の作出です。

 黒バラは、華やかさはありませんが、バラ園全体を落ち着いた雰囲気にするバラのように思います。

 16-1 ブラックバッカラ (600x405)
 【 ブラック・バッカラ 】

 16-2黒真珠 (600x404)
 【 黒真珠 】



     バラのポストカード (№ 17)
 
 「ブルー・リバー」です。

 ブルー・リバーは、1984年コルデス作出の少し古いバラですが、ラベンダー色で、咲き進むと赤紫色に変化する魅惑の花です。

 上段写真は、春バラ5月のもの、下段は秋バラ10月のものです。

 二つの写真は、これが同じバラかと思うほどの変化ですが、この違いがこのバラの魅力と言えるものと思います。

 春バラと秋バラが、全てこのような色合いになるということではなく、それぞれの開花ステージによります。

 17-1ブルーリバー (600x405)
 【 ブルーリバー 1 】

 17-2ブルーリバー (5) (600x404)
 【 ブルーリバー 2 】



     バラのポストカード (№ 18)
 
 「栄誉の殿堂入りバラ」の2種です。

 上段写真は、「パスカリ」

 1991年に、ハイブリッドティの白バラとしては初めて選出され、名前は「復活祭に捧げられる純白の花」を意味するそうです。

 銘花クイーンエリザベスを片親に持ち、整形花が得られやすく、切り花用品種として評価が高いとのことです。 

 下段写真は、「ジャスト・ジョーイ」で 1994年選出です。

 フリルのような花弁が波打つ花容は、近年人気が高い波状弁の先駆けのようで、大輪の豪華なバラが好きな方には好適と思います。

 18-1パスカリ (2) (600x405)
 【 パスカリ 】

 18-2ジャストジョーイ (2) (600x405)
 【 ジャスト・ジョーイ 】



     バラのポストカード (№ 19)
 
 ピンクのバラ 2種です。

 両品種とも、知名度はややマイナーですが、トゲがない(ほとんどない)のが特徴で、しかも樹勢は強健、株は直立性であり、育てやすく、扱いやすいバラです。

 ピンクの大輪が好みの方にはお奨めかと思います。

 上段写真 「ラバーナ」、下段写真 「スムースレディ」

 19-1ラバーナ (2) (600x405)
 【 ラバーナ 】

 19-2スムースレディ2 (600x405)
 【 スムースレディ 】



     バラのポストカード (№ 20)

 黄色のバラ 2種です。

 黄色のバラは、その色が鮮烈なイメージを与えるため、品種数も多いように思いますが、意外とその数は少ないようです。

 実際に、約1.000種余り掲載されている「バラ大図鑑」においても、木立性大輪種としては、わずか6品種のみが掲載されています。

 また、これまで「栄誉の殿堂入り」している16種の中にも木立性の黄色種はありません(シュラブの「グラハム・トーマス」を除く)

 上段写真は、「ソリドール」

 1985年作出の、少し古いバラですが、花つきがよく、耐病性もあり育てやすいバラと思います。

 下段写真は、「ラディアント・パフューム」

 カタログによると、ラディアントは「輝き」、パフュームは「香水」を表すそうで、「お庭で輝くような黄色とさわやかな香りをお楽しみください」と紹介されています。

 20-1ソリドール (4) (600x406)
 【 ソリドール 】

 20-2ラディアントパフューム (600x400)
 【 ラディアントパフューム 】



     バラのポストカード (№ 21)

 黄色~白のバラ 2種です。

 上段写真は、「快挙」、京成バラ園芸の作出ですが、2010年に、ローマバラ国際コンクールにおいて金賞を受賞したことを記念して、公募によって命名されました。
 
 当時、私も、いくつかの名前を応募しましたが、残念でした。

 花色は、クリーム?で、半剣弁咲からロゼット状に変化します。

 下段写真は、「ロイヤル プリンセス」

 メイアンの作出で、敬宮愛子内親王に捧げられたバラで、ボリュームある花はプリンセスに相応しい気品があります。

 愛子内親王に捧げられたバラは、この他に、フロリバンダ、ピンクの「プリンセス アイコ」があります。
 
 21-1快挙 秋 (4) (600x405)
 【 快挙 】

 21-2ロイヤルプリンセス (4) (600x406)
 【 ロイヤルプリンセス 】



     バラのポストカード (№ 22)

 ラベンダー色のフレンチローズ2種です。

 この2種はグラデーションも美しく、折々に異なった表情を見せ、お気に入りです。

 上段写真は、「ライラック・ビューティ」、メイアン2005年作出

 エレガントな花色が魅力で、香りもコクのある甘い香りがします。

 下段写真は、「ヴィオレ・パルフュメ」、ドリュ1995年作出、丸弁高芯咲きから盃状に咲き進みます。

 ラペンダー・藤色のバラは、総じて気品のある落ち着いた雰囲気のものが多く、飽きがきません。

 22-1ライラックビューティ (600x405)
 【 ライラック・ビューティ 】

 22-2ヴィオレ・パルフュメ (600x400)
 【 ヴィオレ・パルフュメ 】



     バラのポストカード (№ 23)

 プリンセスに因む2種です。

 上段写真は、「プリンセス ドゥ モナコ」

 1981年メイアン作出、モナコ公国王妃となった、女優 故グレース・ケリーに捧げられたバラで、気品のある花容です。

 下段写真は、「ピンク オブ プリンセス」

 2008年、河本純子さん作出 、透明感のあるローズピンクの大輪フリル咲き、 花付き・花もちは良いバラです。
 
 プリンセスに因むということになると、やはり、ベースとなる色はピンクということに落ち着くということでしょうか。
 
 23-1プリンセスドゥモナコ (600x401)
 【 プリンセス ドゥ モナコ 】

 23-2ピンクオブプリンセス (600x405)
 【 ピンク オブ プリンセス 】



     バラのポストカード (№ 24)
 
 淡桃色の2種です。

 上段写真は、「マイガーデン」

 メイアン社から、園芸雑誌「マイガーデン」に贈られたバラ、整った花容で香り豊かです。

 樹勢は強健で、耐病性も高いと思います。

 下段写真は、「スイートアフトン」

 フルーティな強香で、マイガーデン同様に、樹勢が良く高性です。

 24-1マイガーデン (600x400)
 【 マイガーデン 】

 24-2スイートアフトン (600x405)
 【 スイートアフトン 】



     バラのポストカード (№ 25)
 
 オレンジ系の2種です。

 オレンジ系は、全体的に品種数が少ないですが、その存在感は、強すぎず・弱すぎず、バラ園の品種構成においては欠かせない存在と思います。
 
 上段写真は、「楽園」

 オレンジ系の中でも明るい色で早咲です。耐病性は、やや弱いので注意が必要と思います。

 下段写真は、「アプリコット・キャンディ」

 樹勢が強く、耐病性もあり、さらに花付き・花もちも良いと、実に栽培しやすいバラと思います。

 写真写りも極めて良いことから、私の好きなバラの一つです。

 25-1楽園 (600x406)
 【 楽園 】

 25-2アプリコットキャンディ (2) (600x405)
 【 アプリコット・キャンディ 】 



     バラのポストカード (№ 26)
 
 「カリフォルニア ドリーミング」です。(上段・中断写真) 

 このバラは、メイアンが1981年に発表した「プリンセス ドゥ モナコ」のファンに向けて発表したといわれ、花がより大きく華やかです。

 確かに、花径は15㎝近くもあり、その華やかさと共に、他のバラを圧倒する存在感がありますが、大輪故にというか、やや花もちが悪く花形が安定しないように思います。

 「プリンセス ドゥ モナコ」は、(№23掲載、下段写真 )

 26-1カリフォルニアドリーミング (3) (600x405)
 【 カリフォルニア ドリーミング 1 】

 26-2カリフォルニアドリーミング (2) (600x405)
 【 カリフォルニア ドリーミング 2 】
 
 23-1プリンセスドゥモナコ (600x401)
 【 プリンセス ドゥ モナコ  再掲 】



 ハイブリッドティ20回ほどを続けて紹介してきましたが、次回からは、フロリバンダをアップしたいと思います。






2015/08/16 14:32 バラのポストカード TB(0) CM(1)
コメント
素晴らしいポストカードです。
いつも薔薇のポストカード楽しみに見ています。とっても勉強になります。
又カメラアングルの素晴らしさに感動しています。これからも楽しみにしています。
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪👍🌹✨
2015/08/16 15:09 延原 美代子 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/159-7aabcdab
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。