退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
2012年1月9日投稿の記事で、「特注ローズポール」のことを書きましたが、今回は、わずか500円でできるオベリスク・ローズポールを紹介します。

材料費は500円程度、高さ2m、直径29㎝です。

CIMG0516 (352x500)
【オベリスク・ローズポール 完成写真1】

材料は、「ワイヤーメッシュ」で、ホームセンタへーで1枚(1m×2m)が500円程度で購入できます。
ワイヤーメッシュは、本来は床コンクリートの鉄筋として用いられるものですが、近年は、いろいろな用途に活用され、例えば、水田等でのイノシシの防護策としても注目されています。
当園でも、そのままで、つるバラのトレリスとしても使用しています。

CIMG0533 (500x353)
【ワイヤーメッシュ 写真】

円筒状に丸める前に、余分な部分をカットします。
両方の長辺側についている5㎝の突起部分は、円筒にした場合に邪魔となるので切り取ります。

また、短辺の片方は、設置の際の土中への打ち込みシロを確保するため、リング状になる部分の1段を切り取ります。
(上写真の右側、縦1列の縦部分のみ  この作業は、完成後でも良い)

次に、いよいよ円筒状に曲げていきますが、これには少しコツが必要です。
平面に置いたままでは曲げにくいので、曲げる部分の下側(円筒の外側)に、垂木状のものを、間隔30㎝程度に2本敷き、その上にワイヤーメッシュを置きます。(地面等との間に隙間を作り、上から叩きやすくする)

この状態で、木槌等で叩きながら、曲げる部分を移動して、徐々に丸めていきます。
根気はいりますが、さほどの時間はかかりません。

円筒状になれば、長辺が合わさりますので、数カ所を針金で結びます。
最後に、全体の形を整形して終了です。

CIMG0518 (500x374)
【円筒 合わせ目結束 写真】

私は、円筒上部をそのままにしてローズポールとしていますが、上部の突起を内側に曲げて円錐形にすれば、オベリスクとなります。

CIMG0522 (354x500)
【オベリスク・ローズポール 完成写真2】

写真下部が、地面設置部で、リングが1段切除してあります。
塗装はしなくても、10年程度の耐用年数はありますが、好みの色に塗装すれば、一層おしゃれです。

これで、材料費500円のオベリスク・ローズポールが完成です。
2012/01/26 11:14 バラ園エクステリア TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/14-fb04f62b
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。