退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 秋バラ紹介9回目、フロリバンダ6種、オールドローズ2種、修景バラ2種を紹介します。

 最初は、フロリバンダの「早春」で、京成バラ園芸 ミスターローズ 鈴木省三さんの作出です。

 淡い花色が繊細で、一枝に多くの花を咲かせる強健種です。

早春 秋 (600x450)

早春1 (600x450)
 【 早春 】

 次は、フロリバンダの「ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ 」で、メイアン(仏)の作出、白から鮮紅色に変化する花色は大変華やかです。

 赤と白は、モナコ公国の国旗の色であり、故グレースケリー王妃の夫君である元モナコ公国元首の即位50周年記念に捧げられたバラとして有名です。

ジュビレプリンスモナコ1秋 (600x450)

ジュビレプリンスモナコ3秋 (600x450)
 【 ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ  】

 次は、フロリバンダの「エミールノルデ」で、タンタウ(独)作出です。

 透明感のある黄色のカップ咲で、黄色のバラとしては遅咲きの品種です。花名は、北欧の画家に因むそうです。

エミールノルデ 秋 (600x473)

エミールノルデ2  (600x450)
 【 エミールノルデ 】

 次は、フロリバンダの「ガルテンツァーバ ’84 」で、コルデス(独)1984年作出です。
 
 名前は、「庭の魔法」という意味のようです。

ガルテンツァーバ (600x450)

ガルテンツァーバ1 秋 (600x450)
 【 ガルテンツァーバ ’84 】

 次は、フロリバンダの「アンダルシアン」で、コルデス(独)1977年作出です。

 丸弁平咲きで、ビロードのような光沢のある赤色が特色です。

 雨にも強い優れた品種ですが、現在のバラ愛好家の嗜好には、花形がやや物足りないかもしれません。

アンダルシアン1 秋 (600x450)

アンダルシアン2秋 (600x450)
 【 アンダルシアン 】

 次は、フロリバンダの「ゴールドバニー」で、パオリーノ(仏)1978年作出です。

 純黄の花は、中輪系としては大きめで、花付きもよく、病気にも強い品種です。

ゴールドバニー 秋 (2) (600x450)

ゴールドバニー2 秋 (600x450)
 【 ゴールドバニー 】

 次は、オールドローズの「グルース アン テプリッツ」で、明治時代から日本で育てられており、「日光」の名もあります。

 2000年に、世界バラ会連合の「オールドローズの殿堂」入りしています。

 しなやかな枝に、やわらかな雰囲気で、うつむいて咲く花は何とも魅力的です。 四季咲きで、よく花を付けます。

グルースアンテプリッツ 秋 (600x449)

グルースアンテプリッツ 1 (600x424)
 【 グルース アン テプリッツ 】

 次もオールドローズの「ブラッシュ ノアゼット 」で、ライラックがかったライトピンクの小輪・房咲品種です。

 丈夫さ、美しい花と樹型、よく返り咲く性質等、オールドローズを育ててみようとお考えの方には、お奨めの品種です。

 かの有名な、ルドゥーテの「バラ図譜 1818~1824」にも、「ロサ ノアゼッティアーナ」として描かれています。
 
 バラを栽培し始めた当初は、モダンローズの華やかさに魅力を感じていましたが、最近は、長い歴史にはぐくまれてきたオールドローズに、だんだんと心を奪われるようになってきました。

ブラッシュノアゼット 秋 (600x421)

ブラッシュノアゼット 秋 (2) (600x450)
 【 ブラッシュ ノアゼット 】

 次は修景バラ(ランドスケープローズ)の「ケアフリーワンダー」で、メイアン(仏)の作出です。

 修景バラといえば、丈夫で育てやすいというほかは、花形や花色はやや見劣りするイメージですが、この2種は、花そのものも十分な魅力がある品種です。

 耐病性に優れ、次々と花を咲かせ、名前のとおり手間の掛からないバラです。 丸弁平咲きの花形や花色も魅力があります。

ケアフリーワンダー2 秋 (600x450)

ケアフリーワンダー3 秋 (600x451)
 【 ケアフリーワンダー 】

 次も修景バラの「ウーメロ 」で、これもメイアン(仏)の作出です。

 フリルの効いた花が、株を包み込むように咲く様子は見事です。

 シュラブですが、つる仕立てよりも、コンパクトに剪定して咲かせる方が、花付きが良いようです。

ウーメロ 秋 (600x451)

ウーメロ 秋 (3) (600x450)
 【 ウーメロ 】

 次回もお楽しみください。



2013/12/01 22:22 バラ園風景 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/125-e732db08
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。