退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 ふれあい ジョウラクローズガーデンでは、秋バラに向けての夏剪定を、例年9月1日から行っていますが、今年は、局地的号豪雨や台風の影響で、9月4日にやっと雨のやみ間を見ながら始めました。

 木立バラ220本の剪定を終えるには数日かかりますが、剪定前後の写真を比較しながら、状況をお知らせします。

 夏剪定の基本技術については、前回の8月20日にアップした「毎月のバラ栽培 ~管理のポイント~ マガジン9月号」に詳しく記載していますので参考にしてください。

 次に、夏剪定後の秋バラ開花日の想定です。

 品種と今後の気温の推移によって差はありますが、当園では概ね10月15日から20日頃を見込んでいます。

 これは、バラの開花に必要となる積算温度が1.000度前後されており、当地出雲市の平年の平均気温 9月22.0度、10月16.3度から所要日数を推計したものです。

 バラの種別については、フロリバンダから始めハイブリッドティを順次行うようにしています。

 まず最初の写真は、剪定を終えたフロリバンダの区画の一つです。

区画剪定後 (550x413)
【 フロリバンダ 剪定後 】

 今年は、ここ数日大雨が続いて、園内も土壌が軟弱なことから、できるだけ株の周囲を踏み固めないように、敷板を置いて足場をつくり作業しました。

踏み板 (550x413)
【 踏み板 足場づくり 】

 次の写真は、剪定ハサミです。
 剪定ハサミといえば、右の片刃式のものが一般的ですが、私は、夏剪定においては、どちらかと言えば左の芽切りハサミ(採果ハサミ)を主として使用し、補足的に片刃式を用いています。

 なぜかと言えば、夏剪定で切る枝は、ほとんどが未硬化の軟らかい枝であり、片刃式では切りにくいだけでなく、枝の切り口がつぶれることが多いからです。

 その点、芽切りハサミは両刃式であり、刃向きの上下もなく軟らかく細めの枝も切り口がなめらかです。

 無論、夏剪定でも、太い枝の間引きや枯れ枝の除去、、枝が硬化している冬剪定では、片刃式の出番です。

 皆さんも、花後剪定や夏剪定については、芽切りハサミの活用をご検討されてみませんか。

ハサミ (550x398)
【 剪定ハサミ 】

 次は、剪定前後の写真です。

紅 前 (550x413)
【 FL 紅 剪定前 】

紅 後 (550x413)
【 FL 紅 剪定後 】

黒蝶 前 (413x550)
【 FL 黒蝶 剪定前 】

黒蝶 後 (550x413)
【 FL 黒蝶 剪定後 】

 夏剪定の方法は、いろいろな栽培書で解説されていますが、いずれも枝を切り下げる目安が中心となっており、枝の間引きや枝の方向づけ(誘引)については、余り触れられていません。

 私は、枝の切り下げを中心としつつ、もう一歩進んで、不要な枝の間引き剪定、シュート等の冬剪定への下準備(望ましい方向へ枝を向けるための誘引)を行うようにしています。

 間引き剪定は枝数を減らすことにより、残した枝に一層栄養分を集中させて、力強い開花枝を発生させることにつながります。

 また、枝の誘引は、この時期、未だ枝が軟らかいときに、向きの悪い枝を枝数の少ない方向に向ける等によって、冬剪定時に均等な枝の配置を確保しやすくすることができます。

 夏剪定で、もう一手間掛けることにより、よりよい秋バラの開花枝と冬剪定でバランスの良く配置できる枝の確保ができます。ぜひおためしください。

かざぐるま 前 (550x413)
【 FL かざぐるま 剪定前 】

かざぐるま 間引き前 (550x413)
【 FL かざぐるま 間引き前 】

 左側から右上方へ伸びているシュートを間引きます。

かざぐるま 間引き後 (550x413)
【 FL かざぐるま 間引き後 】

かざぐるま 後 (550x413)
【 FL かざぐるま 剪定後 】

ゴールドバニー 間引き前 (550x413)
【 FL ゴールドバニー 間引き前 】

 一か所から3本出ている車枝を、1本間引きます。

ゴールドバニー 間引き後 (550x413)
【 FL ゴールドバニー 間引き後 】

ゴールドバニー 誘引前 (550x413)
【 FL ゴールドバニー 誘引前 】

 直立しているシュートを外向きに誘引し、冬剪定時の枝向きを良好にします。

ゴールドバニー 誘引後 (550x413)
【 FL ゴールドバニー 誘引後 】

 夏剪定は、冬剪定ほど必須作業ではありませんが、きちんと夏剪定を行うことによって、良い秋バラが期待できます。

 剪定位置も大切ですが、全ての枝ハサミを入れ、株全体をリセットさせることがポイントです。

 さらに、枝の間引きと枝配置の将来を見据えた誘引の一手間が、明日につながります。





2013/09/05 08:28 バラの剪定・誘引 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/108-d8a5435e
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。