退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 今年度から新たに始めた マガジン方式のバラの栽培講座
「 毎月のバラ栽培  ~ 管理のポイント ~ 」  初号(7月号)を6月25日に発行

 読者の皆さんにお送りしました。

 ブログへのアップが遅くなりましたが紹介します。

◎マガジン発行に当たって
  初号であり、マガジン編集・執筆の基本的考え方をまとめてみました。

①科学的論拠に基づいたバラ栽培技術の体系的習得を目指します。
  趣味のバラ栽培といえども、当然のことながら論拠のある技術を、年間を通じて体系的に学びます。

②法令(農薬取締法・種苗法 等)に準拠した栽培を行います。
  無登録の農薬や違法に増殖された苗木には関わることは、後悔のもとになります。

③巷間で使用されている植物サプリやバラ専用培土・肥料等には原則として頼りません。
  基本的な栽培技術を習得すれば、バラは元気に生育します。
  また巷間で販売されているものには、効果が確認できないものも見られます。
  (各自の好みにより使用されることは支障ありませんが、お奨めしません。)

④農薬を適正に使用した病害虫防除を行います。
  日本では、農薬は、適正に使用する限り、安全性が確保されています。
  感情的判断で農薬を全面否定することは、賢明とは言えません。


◎「毎月のバラ栽培 ~管理のポイント~ 7月号」《本稿》

①一番花剪定後の追肥 「花をいたわる」
  一番花後の花後剪定は終わり、二番花の蕾も見え始める頃と思います。
  花後剪定後の追肥(お礼肥)が未だの方は、追肥をしてください。
  一般の化成肥料(成分 8-8-8等)の場合、一株当たり片手一握り程度の量を株まわりに散布します。
  鉢の場合は、添付したバラ栽培暦を参考として適宜行ってください。
  その際、液肥はラベルを見て、正しい濃度で行うことが肝要です。

②二番花・三番花の処理 「ほどほどに楽しむ」
  通常の場合、お盆頃までに二番花・三番花が開花します。
  しかし、気温が高く花の傷みが早い、コガネムシの食害等により、さほどの鑑賞価値がありません。
  そこで、二・三番花は早目に剪定し、秋バラ(四番花)に向けて株を養生することを目指します。
  特に、昨秋に植え付けた大苗、今春購入した新苗は、そのまま開花させると株の成長が遅延すること
  から、蕾をピンチ(切り取り)することが大切です。

③病害虫対策(バラ栽培暦 参照) 「先手必勝・備えあれば憂いなし」
  この時期、特に留意すべき病害は黒星病です。
  黒星病は、うどんこ病と異なり、主に古い葉(下葉)に発生します。
  このため、薬剤散布に当たっては、特に下葉に薬液が十分かかるよう散布することがポイントです。
  薬剤は「バラ」又は「花き類・観葉植物」で「黒星病」と表示されているものを使用してください。
  また、散布に当たっては、殺虫剤との混用散布が、アブラムシ等の対策も含めて省力的で有効です。
  このほか、夏に特異な害虫として、ハダニ(特に鉢栽培)が発生します。
  ハダニに対しては、一般の殺虫剤は効果がないので、殺ダニ剤を使用することが必要です。
  (購入に当たっては、表示を確認する・店員相談する 等)
  防除に当たって、バラの本数が少ない場合は、オールインワンで原液散布するハンドスプレータイプ
  が簡便です。

④水やり 「過ぎたるは及ばざる」
  梅雨明け後から秋口までは、水管理が最大のポイントです。
  特に植え付け後1年未満の株と鉢栽培は必須です。
  また、マルチは、露地栽培で、バラを夏の高温乾燥から守る最も効果的な手法です。
  鉢栽培は、直射日光を避けて、軒下等へ移動することをお奨めします。
  併せて、鉢を地面に直置きしない・二重鉢にする等も有効です。
  特に、弱った株に水をやりすぎることは逆効果で、ゆっくりとリハビリさせましょう。

⑤シュートの処理 「将来を見据える」
  一番花後にシュート(新しく伸びた新梢)が発生していると思いますが、シュート(特に株元から発生
  するベーサルシュート)は、将来の主枝となる大切な枝であり、この適切な管理が、次年度の開花に
  影響します。

  木立バラ
  放置すると樹形の乱れや株衰退の原因となるので、下から20~30㎝程度の位置でピンチします。
  ピンチが遅れ、ほうき状に花が咲いた場合は、早目に株全体の高さがそろう位置まで切りさげます。
  木立バラのうち、オールドローズについては、余り深く(強く)剪定せずに、自然樹形に近い姿とした
  方がが花付きが良いことから、浅めの剪定とします。

  つるバラ
  つるバラのシュートは、原則として、誘引したり支柱を立てて折れないように伸ばします。
  ただし、この方法は、植え付け後数年間の手法であり、アーチやオベリスク仕立てで、樹形が完成して
  いる場合には、上部のシュートは不用なもの(これ以上伸ばす必要がない)で、7月中に付け根から剪
  定し、下部から二番シュートを発生させるようにします。
  これにより、株元にも来年の開花枝を確保します。
  また、株元から伸長するシュートは、早目から適宜に、今後伸ばしたい方向へ誘引しておきます。
  誘引に当たっては、折れないように徐々に曲げることが肝要です。

  モッコウバラ・ナニワイバラ
  モッコウバラ・ナニワイバラは、つるバラの例外品種で、12月には次年度の花芽が分化しいます。
  このため、7月下旬頃に、伸長したシュートを全て付け根から剪定し、二番シュートを発生させて翌 
  年の開花枝とします。(モッコウバラ等の冬剪定は、整枝程度です)
  ただし、現在以上に枝を伸ばしたい場合には、先端部のシュートは切らずに温存します。 


◎7月号 アラカルト

①ふれあい ジョウラクローズガーデン バラ栽培暦
   私が、バラの栽培に当たって、日々の管理作業の目安としているものです。
   皆さんは、当面は、これを参考としていただくことにより、日々の管理をスムースに遅滞なく行うた
   めの覚え書きとしていただければ幸いです。
   いずれは、各人のライフスタイルと目指すバラ栽培に応じた、オリジナル暦を作成されることを念願
   しています。

②バラ栽培台帳
   バラの栽培は、それぞれが保有するバラを理解し、各品種に応じた管理を行うことが出発点です。
   その意味から、内容の程度は別として、バラ台帳の整備は必要不可欠なものです。
   私とて、見本としたものの全てを把握しているわけではありません。
   例えば「香が好きな人は香について」、重点的に整理するというようなことも考えられます。
   きちんと株を育て、良い花を咲かせることがスタートであり、そのための条件整備が必要です。
   (これからは、品種タグを大切にしてください)

③バラの問診票 
   バラ栽培に限らず、漠然とした疑問を整理することにより問題の解決に結びつけることができます。
   疑問点を整理し、解決するための一助として活用していただければ幸いです。

  「お断り」 バラ栽培暦・バラ栽培台帳・バラの問診票 は掲載していません。

 
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://jorakurose.blog.fc2.com/tb.php/104-72472b65
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。