退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 秋バラに向けて、木立バラの夏剪定の方法を紹介します。

 9月になり、過ごしやすい夜が増えてくると、バラは少しずつ体力を回復して、あちこちから新芽が出始めます。

 四季咲き木立性のバラは、9月上旬に「夏剪定」を行い、株をリセットさせると、10月中旬頃から、美しい秋バラをまとめて咲かせることができます。

◎ 夏剪定の目的

● 開花期を調節

 開花時期を揃えて、美しい花をまとめて咲かせます。

● 良い花の時期に咲かせる

 気温の変化に沿って剪定し、10月中旬~11月上旬に開花させます。

● 良い芽を出す

 枝ごとの栄養バランスを改善し、力強い開花枝をつくります。

● 樹勢を確保し病害虫を抑える

 不要枝や弱小枝の間引きを合わせて行い、必要な枝に養分を集中させ、樹勢を確保します。また株内部への日当たりや風通しを良くし、病害虫の発生を抑えます。

● 新苗に花を咲かせる

 今春植えた新苗は、これまでは株の養成を目的として、蕾や花を摘み続けて来ましたが、夏剪定を行って秋バラを咲かせます。

 秋バラを咲かせることにより、これまで養成してきた枝が硬化し、来春に良い芽が伸びます。

◎ 対象となるバラ

● ハイブリッド・ティ、フロリバンダ、四季咲きイングリッシュローズ 等

  なお、つるバラ・一季咲きのオールドローズ等は、夏剪定を行いません。

◎ 夏剪定の時期

● 9月上旬

 出雲市平野部で、平年の気温推移を前提として、10月中旬~11月上旬に開花させることを想定しています。

◎ 剪定後の開花日数

 バラの剪定後開花日数は、気温(積算温度)が最も強く影響しますが、この他、品種の特性、剪定位置の高低等にも左右されます。

● 品種の特性

 早咲き・遅咲きは、それぞれの品種特性であり、この早晩は、株ごとに春バラの開花時期を記録することで確認できます。

 一般的に、早咲き品種は剪定後35~40日、遅咲き品種は50~55日で開花します。

● 剪定位置

 枝の剪定位置の高低も開花日数に影響します。

 高い位置で剪定(浅剪定・3番花枝剪定)すると早く芽吹き、低い剪定(深剪定・2番花枝剪定)を行うと芽吹きが遅くなります。

 また、高い位置での剪定は、枝数が増えて花はやや小さめとなり、低い位置ではその逆となります。

 以上の相関から、例えば、「8月下旬の気温の高い時期に、早咲き品種を、高い位置で剪定する」と、最も開花日数の短い組み合わせとなります。

 また、最初に遅咲き品種を剪定し、その後10日程度ずらして早咲き品種を切ると、結果として、ほぼ同時期に開花させることができます。

◎ 具体的な剪定方法

 通常の状態であれば、8月下旬には3番花が咲いており、1・2番花と同様の花後剪定という考え方に立てば、現在開花している3番花枝の中程で剪定することになります。

 しかし、夏剪定は、この通常の剪定位置ではなく、より力強い花枝を出させるために、一段下(古い枝)まで切り下げることが基本です。

 また、今春新植した新苗で、これまで株養成のために摘蕾していたものも、少し下まで切り下げて、秋バラを咲かせます。

 ただし、病気や夏バテで落葉したバラは、株を養生するために、秋バラはあまり期待せずに、来春に備えて、通常の花がら摘みに止めましょう。

● 木立樹形の場合

 2番花枝まで切り下げることを基本としますが、状況に応じて3番花枝を混ぜて切ります。

高さとしては、2/3を残すことを目安とします。


 いずれの場合も、充実した5枚葉の上で切りましょう。

● シュラブ樹形の場合

 シュラブタイプのバラは、あまり深く剪定すると花芽が付きにくいものがあり、木立樹形よりも浅めに、3/4を残すようにしましょう。

● 全ての枝を切る

 株全体をリセットするために、蕾も全て剪定します。

● 不要枝・弱小枝を間引く

 枝数を少なくし、残した枝を充実させます。

● 株全体として、なだらかな山型とする

 開花時に美しい樹形となります。 


夏剪定 (417x600)

 
◎ 夏剪定後の管理

● 消毒

 耐病性品種や修景バラ等は別として、ウドンコ病・黒星病の予防を行います。

● 追肥

 リンサン成分の多い山型肥料を、剪定1週間前頃に施肥すると効果的です。

● マルチ

 雑草と病気対策も兼ねて、バーク堆肥等でマルチすると、株の生育が安定します。

● 台風対策

 秋の台風シーズンに備えて、支柱を補強しましょう。






スポンサーサイト
2014/09/01 22:11 バラの剪定・誘引 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。