退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 2014年、第5回 ふれあい ジョウラクローズガーデンのオープンガーデンが間近となってきました。

 今回は、ふれあい ジョウラクローズガーデンの見どころを紹介します。

 掲載写真は、2014年5月14日に撮影したもので、二分咲き程度です。

 見どころ 7ポイントです。

 500㎡のに敷地に、230種 300本がゆったりと植栽

2 様々な角度から鑑賞できる3重の回遊園路

3 車いす利用者も見学できる幅の広いフラット園路

4 つるバラ50本を、石壁、オベリスク、ローズポール、パーゴラに絡ませた立体的配置

5 バラの殿堂入り品種(15種)も全品種植栽

6 休憩所として利用できる手づくりカゼボ(東屋)

7 様々なオーメントとが、バラとコラボレーション



 最初は、バラ園の西上にある自宅から見た全景です。

1 (550x413)
 【1 全景 】

 バラ園正面入り口から見たアーチで、つるバラは、左右とも「フェリシテペルペチュ」と「マダムピエールオジェ」を混植して立ち上げています。

2.jpg
 【2 正面入り口アーチ  】

 正面入り口を入ると、最初に皆さんをお迎えする「キング」と「つるチャールストン」のオベリスクで、つるチャールストンは、早咲きですでに満開です。

 つるチャールストンの横で、手づくりのテラコッタドール「ジョウラク・ローズ 君」が皆さんをお迎えします。 
 
3.jpg
 【3 キング・チャールストン オベリスク 】

4.jpg
 【4 テラコッタドール 】

 正面アーチの右側は、「ハマナス」、「ツクシイバラ」、「サンショウバラ」等の原種を中心としたコーナーです。

 写真右は、名花「アイスバーグ」です。

5.jpg
 【5 入り口右コーナー 】 

 正面入り口を右に少し入ると、皆さんをお迎えするガゼボで、左側は「安曇野」、右は「レッドミニモ」です。

 6.jpg
 【6 カゼボ 安曇野・レッドミニモ 」

 最初に、園の外周を一廻りしてみます。

 正面入り口の左側(西側)の石垣を利用したコーナーで、「フェリスバイド」、「つる桜霞」、「シンパシー」のつるバラと、前側は修景バラなどです。

7.jpg
 【7 石垣つるバラコーナー 手前 】

 石垣に沿って少し進むと、左上に上がる階段があります。

 一番最初に紹介した全景は、この階段を上がったところから撮影したもので、、ここにあるデッキが、当園のスペシャルシートです。

 階段から上は、一般見学者には公開していませんが、ボランティアでサポーターをしていただいた方には、このスペシャルシートでコーヒーをお出ししています。

8.jpg
 【8 階段 】

 階段付近から、右手の園中央部を見た写真で、手前は、フロリバンダのコーナーです。

9.jpg
 【9 左通路から園中央を望む 】

 さらに直進すると、石垣利用つるバラコーナーの奧側で、「バンブリッジ」、「つるマリーナ」、「グラハム・トーマス」のつるバラと修景バラなどです。

 また、この中程には、水瓶を担いだ女性のオーメントがあります。

 10.jpg
【10 石垣つるバラコーナー 奧側 】

11.jpg
 【11 水瓶を担ぐ女性像 】

 次の写真は、水瓶を担ぐ女性像の前から、中心部に向けて中の園路を見たものです。
 左側のオベリスクは、「アルテシモ」、「エバーゴールド」、「春がすみ」、右のパーゴラは、ポールズスカーレットクライマーを絡ませています。

12.jpg
 【12 中の園路 】

 さらに直進し、石垣つるバラコーナーを終わると北側アーチで、両サイドからそれぞれ「アルベリックバルビエ」と「つるミミエデン」を混植して立ち上げています。

 このアーチも、今春が実質的お披露目です。

13.jpg
 【13 北側アーチ 】

 北側アーチを右に回ると、北外周路で、ここには、今春新設した女神像のレリーフ(2.4 × 1.4㍍)があり、女神の名は「フローラ」です。

14.jpg
 【14 北外周路 】

15.jpg
 【15 女神フローラ レリーフ 】

 女神像のコーナーをさらに東に少し進むと、北外周路から園中央部へ帰る道があり、写真の左オベリスクは、つるアイスバーグです。

16.jpg
 【16 北外周路から園中央部を望む 】

17.jpg
 【17 北外周路から園中央部を望む 】

 さらに東に進みます。次は、北東コーナーにあるイングリッシュローズで、20種ほどあります。

18.jpg
 【18 イングリッシュローズ 】

 外周路の北東には、「つるセシルブルンネ」と「アトール99」を混植して立ち上げたローズポールがあります。

19.jpg
 【19 北東ローズポール 】

 外周路を右に廻ります。

 外周路の東側で、右のオベリスクは「春がすみ」、突き当たり左手の青色パーゴラ(東パーゴラ)は、「ピエール・ドゥ・ロンサール」です。

20.jpg
 【20東外周路 】

 次の写真は、「ピエール・ドゥ・ロンサール」のパーゴラから園外へ出て、外から園内を見たものです。

21.jpg
 【21 東外周路の外から園中央部を望む 】

 再び園内に戻り、外周路をガゼボ方面へ戻ります。

 左のフェンスは、「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」「マダムアルフレッドキャリエール」、「アメジストバビロン」のつるバラとスタンダードローズなどです。

 22.jpg
【22 東外周路のカゼボ方向を望む 】

 ガゼボへ戻る途中で、来た路を振り返ってみました。

 23.jpg
【23 東外周路を振り返る1 】

24.jpg
 【24 東外周路を振り返る2 】

 これで外周を一廻りしました。次は、カゼボの前から、園の中心部へ向かいます。

 このパーゴラは、ガゼボの前にあり、バラ園センターへの入り口ともなる「アンジェラ」です。

 毎年、この下が来園者の記念写真スポットととなっています。

25.jpg
 【25 アンジェラ パーゴラ 】

 次は、バラ園のセンターで、ハイブリッドティと「安曇野」のローズポールです。

 安曇野のローズポールは、3㍍近くあり、満開時は圧巻です。

26.jpg
 【26 センターコーナー 】

 紹介したものは、ごく一部ですが、昨秋新植したものも含めて、300本のバラが満開になる日が楽しみです。










スポンサーサイト
2014/05/14 22:05 オープンガーデン TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。