退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
    2016 秋バラシリーズ(21) プリンス&プリンセス

 ロイヤルカップルのバラです。

 21-1 (600x406)
 【 ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ 】
 大変華やかな花色、赤と白はモナコ公国の国旗の色で、元モナコ公国元首レニエ大公に捧げられたバラ。

 21-2 (600x454)
 【 プリンセス ドゥ モナコ 】
 元モナコ公国元首レニエ大公の后妃となった女優のグレース・ケリーに捧げられたバラ。
 バラ園では、隣り合わせに植えており、いつも仲睦まじく咲いてくれます。



    2016 秋バラシリーズ(22) 浪漫

 浪漫(ろまん) フロリバンダ

 サーモンを帯びたレンガ色、レトロな雰囲気が漂うバラです。

 多花性で弁質が強く、蕾から散るまで長く楽しめ、フラワーアレンジに、大変重宝しています。

 浪漫という花名は、大正ロマンに因むようですが、私は、このバラを見て、竹久夢二の絵を思い出します。 「ろまん」に、「ロマン」ではなく「浪漫」の字を当てた命名者の感性に脱帽です。

 22 (600x365)



    2016 秋バラシリーズ(23) アンブリッジ・ローズ & シャリファ・アスマ

 イングリッシュローズ 二種

 23-1 (600x406)
 【 アンブリッジ・ローズ 】
 中輪で株はコンパクト、華やかさはありませんが、じっくりと観賞できるバラだと思います。

 23-2 (600x405)
 【 シャリファ・アスマ 】
 オールドローズの魅力がを持ち、花付きはとても良く、強いフルーツ香があります。



    2016 秋バラシリーズ(24)赤色系イングリッシュローズ 3種 

 24-1 (600x405)
 【 フォールスタッフ 】
 デーブカップの大輪が魅力、木立バラとしても育てられますが、小型のつるバラとして管理した方が見事です。

 24-2 (600x405)
 【 ダーシー・バッセル 】 
 耐病性があり、次から次へと花を咲かせ、フルーティな香が魅力です。

 24-3 (600x405)
 【 ザ・スクワイヤー 】
 カップ咲きの花が数輪の房で咲き、ダマスクの香がします。

  

    2016 秋バラシリーズ(25)個性派イングリッシュローズ 2種 

 イングリッシュローズといえば、大半が、カップ咲き、ロゼット咲きですが、この二種は非常に個性的です。

 25-1 (600x401)
 【 キュー・ガーデン 】
 小さめの一重の花が集まって、アジサイのような花の塊になり、雄しべの根元がソフトなレモン色に染まるのが綺麗です。

 25-2 (600x406)
 【 ファイティング・テレメア 」
 10枚の花びらの大輪、深みのあるアプリコット色と強いフルーツ香が魅力です。



    2016 秋バラシリーズ(26) オースチン 妻と娘

 バラの名前には、作出者の色々な思いが込められていますが、イングリッシュローズの生みの親、デビッド・オースチンが、妻と娘の名前を付けたバラ、二種です。

 丹精込めて育て、世に送り出すバラに、愛する妻と娘の名を付ける、なんと素晴らしいことでしょうか。

 26-1 (600x406)
 【 パット・オースチン 】
 カタログに、このバラの誕生によって、全く新しい色がイングリッシュローズに導入されたと紹介されており、妻であるパットの名が付けられています。

 26-2 (600x405)
 【 クレア・オースチン 】
 純粋さと輝きを持つ白いイングリッシュローズ、娘クレアの名前が付けられています。
 


    2016 秋バラシリーズ(27) バラとクレマチス
 
 つるバラに沿わせているクレマチス、なかなかバラに合わせて開花してくれませんが、偶然にコラボしました。

 27-1 (600x405)
 【 グラハム・トーマスとクレマチス 】

 27-2 (600x405)
 【 ルージュピエール ドゥ ロンサールとクレマチス 】
 


    2016 秋バラシリーズ(28) ボニカ 姉妹

 修景バラ 「ボニカ '82」と「ロイヤルボニカ」

 28-1 (600x406)
 【 ボニカ '82 】
 ボニカシリーズの姉に当たるバラで、2003年に、世界バラ会連合の殿堂入りした名花
 パステルピンクの花が株全体を覆う様は見事です。

 28-2 (600x405)
 【 ロイヤルボニカ 】
 「ボニカ '82」の枝変わり、姉よりも花色が濃くて花持ちが良いため、アレンジには大変重宝しています。
 個人的には、「ボニカ '82」よりも育てやすく、こちらの方がお奨めと思います。



    2016 秋バラシリーズ(29)漢字一文字

 バラの名前の表記には、カタカナ・ひらがな・漢字など、様々ありますが、漢字一文字のものは少数です。

 29-1 (600x405)
 【  宴(うたげ) 】 
 ミスターローズ鈴木省三作出で、日本名を付けて、世界に広めたいという思いが込められています。
 強健で育てやすいバラです。

 29-2 (600x404)
 【 紅(くれない) 】
 強健、多花性で絶え間なく花を付けます。  
 また、このバラは、葉に斑が入るという、バラでは極めて稀少な品種で、花がなくても鑑賞価値があります。



    2016 秋バラシリーズ(30)スタンダード仕立て

 立体感が楽しめるスタンダード仕立てのバラ マイ・グラニー

 絶え間なく咲き、カップから咲き進むとロゼットになります。

 ステムが細く、花の重みで下垂して咲くため、スタンダードにはうってつけです。

 30-1 (600x405)

 30-2 (406x600)



    2016 秋バラシリーズ(31)バラに酔う

 バラには様々な名前が付けられていますが、お酒の名前は珍しいようです。

 ご存じのとおり、テキーラは、メキシコの竜舌蘭から造られる蒸留酒ですが、なぜ、バラにその名が付けられたのかよくわかりません。

 花色は強烈で、酒と同様に一杯(一輪)でメロメロです。

 31 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(32)薔薇の演奏会

 音楽に関わる薔薇2種

 32-1 (600x406)
 【 連 弾 】
 人目を引く華やかな色合いの花、ピアノを連弾する二人に喝采です。

32-2 (600x405)
 【 和 音 】
 花の中心に明かりをともしたような黄色が魅力、様々な場所に調和し、まさに和音を奏でるようです。 



    2016 秋バラシリーズ(33)覆輪の美

 バラの花弁の美しさを象徴するものの一つに覆輪がありますが、「ほのか」は、クリーム地に桃紅の覆輪が際立ちます。
 
 はっと目を引く華やかさと見飽きない上品さ併せ持ち、花持ちも優れています。

 33 (600x405)


   
    2016 秋バラシリーズ(34)ポンポン咲き

 「ブラッシュ・ノアゼット」 オールドローズ

 淡いピンクの花が、ポンポン咲きで房になります。

 花付きがとても良く、夏以降も伸びたシューに返り咲き、管理も容易です。

 庭に一本あると、ナチュラルな感じが楽しめます。

 34 (600x406)



    2016 秋バラシリーズ(35)イエローエタニティー

 女性らしいやわらかな雰囲気を持つバラを育種されている河本純子さんのフロリバンダ

 黄色でもゴールドバニーのように派手な色ではなく、水彩画のような淡く優しい色合いで、庭のグリーンとの調和もよく、爽やかな空間を作り出します。

 カップ咲きから開いていくとロゼットになり、花つきも良いです。

 35 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(36)プリンセス 母娘

 雅子皇太子妃と愛子内親王のバラ

 36-1 (600x405)
 【 マサコ 】
 イングリッシュローズ、愛らしいソフトピンクで、小さい花びらがぎっしりつまた花は気品があります。 別名は「エグランタイン」

 36-2 (600x405)
 【 プリンセスアイコ 】
 フロリバンダ、蕾から巻いた花弁が剣弁高芯に咲き進む様子は優雅で、花付きもとても素晴らしいです。



    2016 秋バラシリーズ(37)エンチャンティッド イブニング
 
 「魅惑の宵」の名のとおり、黄昏時の色合いを纏ったような、幻惑的ラベンダー色が美しい。

 花容とともに、「ブルー系の香りにフルーティな甘さのある強い香り」と評される芳香も魅惑的です。

 今宵、パートナーとともに魅惑の宵をお楽しみください。

 37 (600x406)



    2016 秋バラシリーズ(38) 白雪姫と仲間たち

 アイスバーグは、別名「シュネービッチェン(白雪姫)」としても親しまれており、1983年にバラの殿堂入りした名花ですが、これを始祖とする枝変わりが多いことでも知られています。

 38-1 (600x406)
 【 アイスバーグ 】

 38-2 (600x401)
 【 ブリリアント・ピンクアイスバーグ 】
 アイスバーグの枝変わりの枝変わり 

 38-3 (600x405)
 【 バーガンディ・アイスバーグ 】
 ブリリアント・ピンクアイスバーグの枝変わり



    2016 秋バラシリーズ(39)「花・・・」のバラ

 バラなのに、「花」の字が頭についたバラ二種

 39-1 (600x406)
 【 花ぼんぼり 】
 ソフトピンクの半剣弁高芯咲きで、花付き、花持ちが良く、トゲが少なく扱いやすいです。

 39-2 (600x401)
 【 花霞(はながすみ) 】
 ふわっと広がるピンクのぼかしが美しいセミダブルが魅力的、和の雰囲気が漂います。
 花付きがよく、株一杯に咲かせます。



    2016 秋バラシリーズ(40) ラ・ヴィ・アン・ローズ

 日本語の意は、「薔薇色の人生」

 日本の薔薇ですが、花そのものの美しさもさることながら、「ラ・ヴィ・アン・ローズ(薔薇色の人生)」という名を思いつかれた作出者の豊かな感性に感動です。

 皆さんにも、薔薇色の人生が訪れますように、この薔薇を捧げます。

 40 (600x401)



    2016 秋バラシリーズ(41) ふれあい ジョウラクローズガーテン

 2016秋バラシリーズ、40回、約70種余りを紹介してきました。

 まだまだ、栽培品種の1/4程度ですが、少しリアルタイムでなくなりましたので、今回で一区切りとさせて頂きます。

 最終回は、バラ園のオーナメントで、少し飾り付けをしてみました。

 41-1 (401x600)

 41-2 (404x600)

 ご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーサイト
2016/12/08 10:53 バラのポストカード TB(0) CM(0)
 9月上旬に夏剪定をしたバラが、秋の開花期を迎えましたので、つたない写真ですが、秋バラシリーズとして紹介します。


    2016 秋バラシリーズ(1)  ピース
 
 ハイブリッドティ

 20世紀を代表する名花ですが、特に有名なエピソードは、1945年に、第二次世界大戦後の平和を話し合った国際連合の初集会で、世界平和を願うメッセージに添えて、参加49カ国の代表に贈られたことでしょうか。

 その後、1976年には、世界バラ会連合栄誉の殿堂入り第1号に選ばれています。

 個人的感想ですが、クリームイエローに桃色覆輪の大きな花は、子や家族の幸せを願う母の美しさと優しさを彷彿とさせます。
 
 1 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(2)  ノックアウト シリーズ

 ノックアウトシリーズは、アメリカで生まれたノックアウトを祖とし、修景バラに位置づけられる一群のバラで、現在8品種あります。

 病気をノックアウトするということから名付けられたとおり、極めて強健で、完全無農薬でも栽培でき、絶え間なく花を付け、剪定も簡便です。

 アメリカでは、街路樹としても活用され、環境に優しいバラとして生活に溶け込んでいるようです。

 我が園には、6品種を植えていますが、皆さんにお奨めのバラです。

 2-1 (600x406)
 【 ノックアウト 】

 2-2 (600x404)
 【 ピンクノックアウト 】

 2-3 (600x406)
 【 ダブルノックアウト 】

 2-4 (600x405)
 【 ホワイトノックアウト 】

 2-5 (600x405)
 【 サニーノックアウト 】


 
    2016 秋バラシリーズ(3) グルス・アン・テプリッツ

 オールドローズですが、モダンローズに勝るとも劣らない上品な美しさを備えたバラです。

 花枝が細く、数輪の房咲きとなるので、花はうつむいて咲きます。

 和名は「日光」で、宮沢賢治が栽培していたことで有名、 名前は、「テプリッツ、こんにちは」と言うような意味だそうです。

 世界バラ会連合のオールドローズ部門の殿堂入りバラで、オールドローズファンにとっては、是非ともお迎えしたいバラです。

 散ってもなお美しい余韻も併せてお楽しみください。

 3-1 (600x401)

 3-2 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(4)  グランドプライズ

 フロリバンダで、波状弁の平咲き

 名前の割には、シンプルなイメージですが、ウェーブのかかった花は、魅力的です。

 非常に花付きがよく、秋バラでも、ご覧のように、株一杯に花を咲かせます。

 株は小ぶりですが、栽培しやすく、お気に入りの一つです。

 4 (600x406)



    2016 秋バラシリーズ(5)  カリフォルニアドリーミング

 ハイブリッドティ、アイボリーにピンクの覆輪の丸弁高芯咲き

 極大輪で、花色と相まって非常に華やかです。

 カリフォルニアドリーミング、貴方は、どんな夢を思い起こされますでしょうか。

 5 (600x401)



    2016 秋バラシリーズ(6) クイーンエリザベス

ハイブリッドティ、品種名は、英国のエリザベス女王に因み、1979年に、世界バラ会連合の栄誉の殿堂入りした名花

 2㍍を超える樹高と存在感のある大輪の花は、まさに女王の名にふさわしく、他を圧倒する存在感があります。

 何種類か、花色の変わった枝変わりがありますが、白花は、ホワイトクイーンエリザベス

 6-1 (600x405)
 【 クイーンエリザベス 】

 6-2 (600x405)
 【 ホワイトクイーンエリザベス 】



    2016 秋バラシリーズ(7)  ブライダル 二種

 ブライダルの言葉「ブライダルピンク」と「ブライダルレディ」 両種ともフロリバンダ、

 ブライダルピンクは、切り花として流通していたバラで、とても花付きが良い。

 ブライダルレデイは、ブライダルピンクの枝変わりです。

 みなさんは、どちらが花嫁のイメージにふさわしいと思われますか。

 7-1 (600x405)
 【 ブライダルピンク 】

 7-2 (600x405)
 【 ブライダルレディ 】



    2016 秋バラシリーズ(8)  マチルダ

 フロリバンダ 品種名は、女性の名前に由来するそうです。

 淡桃色の覆輪状の丸弁平咲き、秋は色が濃く、全体が桃色に染まりますが、咲き進むと褪色して白に近い色になります。

 グラデーションがとてもきれいで、好きなバラの一つです。

 8 (600x404)



    2016 秋バラシリーズ(9)  ラ ブ

 ハイブリッドティ、表弁の赤と裏弁の白の鮮やかなコントラストが魅力のバラ。

 ハイブリッドティとしては、花がやや小ぶりですが、花付きが良く丈夫です。

 また、株は直立性でまとまりがよく、シュートもよく発生し、管理しやすいです。

 香が弱いと言うことを除けば、総合的に見て、非常に優れたバラだと思います。

 私の、最もお気に入りです。

 9 (600x406)



    2016 秋バラシリーズ(10)  る る

 非常に多花性で、絶え間なく花を咲かせ、花持ちも抜群です。

 独特で鮮やかなコーラルピンクの花が咲きこぼれる様子は、カタログに「可愛いドレスを着て、喜びに心弾ませてステップする少女の姿のよう」と紹介されています。

 樹形はコンパクトです。

 10 (600x405)

 

    2016 秋バラシリーズ(11)  紛粧楼

 ポリアンサ 紛粧楼(ふぇん じゅあん ろう)

 オールドローズの雰囲気を持った花容で、人気があります。

 花付きはよいですが、雨が多いと花弁が痛みやすく、時には、自力で花弁が開かないボーリングが起きるなど、少し扱いにくいところが玉に傷といえます。

 11 (600x405)



     2016 秋バラシリーズ(12)  寄り添って咲く

 バラ園の中で隣り合わせに植えているバラが、偶然に並んで咲いたものを拾い集めてみました。

 いずれのペアも、仲睦まじい男女が、寄り添って語らっているように思えますが、いかがでしょうか。

 12-1 (600x401)
 【 ゴールドシャッツ & るる 】

 12-2 (600x405)
 【 ブライダルピンク & センチメンタル 】

 12-3 (600x404)
 【 ブルーバユー & バーガンディアイスバーグ 】



    2016 秋バラシリーズ(13)  ブルーのバラ

 バラには、本来、青い色素がないそうで、そのため、バラの世界では青いバラは、「不可能」「存在しないもの」という言葉が代名詞となっています。

 そんな中で、「ブルー***」と呼ばれているハイブリッドティの3種を紹介します。

 みなさんは、どのブルーがお好みでしょうか。

 13-1 (600x405)
 【 ブルームーン 】  

 13-2 (600x405)
 【 ブルーリバー 】  

 13-3 (600x406)
 【 ブルーパーフューム 】



    2016 秋バラシリーズ(14)  アプリコットキャンディ

 ハイブリッドティ、その名のとおり明るいアプリコット色が素敵です。

 咲き進むと弁縁が波打ち、やわらかい香と相まって、魅力が深まります。

 花付き、樹勢が良く、病気にも強いなど、とても優れたバラで、私のお気に入りです

 14 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(15)  シャルル・ドゥ・ゴール

 ハイブリッドティ、名前は、元フランス大統領に因む

 華やかな花形と農ラベンダーの花色か魅力、香も楽しめる優れたバラです。

 15 (600x405)



    2016 秋バラシリーズ(16)  ダブルデライト

 ハイブリッドティ、花名は「二重の喜び」の意

 黄色を帯びたアイボリー色から、咲き進むと赤色が増してきます。

 また、フルーツ香が強く味わいがあります。

 1985年、世界バラ会連合の殿堂入りした名花です。

 16 (600x406)



     2016 秋バラシリーズ(17)  ケアフリーワンダー

 シュラブ いわゆる修景バラとして扱われています。

 ケアフリーの名のとしおり、株は丈夫で剪定も容易、無農薬栽培も可能です。

 また、多花性で絶え間なく咲き、花も修景バラとは思えない華やかさがあります。 お奨めしたイバラです。

 17 (600x405)



     2016 秋バラシリーズ(18)  ゴールドのバラ

 品種名に「ゴールト***」とついているものがありますが、そのほとんどが黄色のバラです。

 今日は、その中の三種、いずれもフロリバンダです。

 黄色は、心を弾ませ楽しい気分にさせてくれますが、皆さんはどの色がお好みですやら。 

 18-1 (600x404)
 【 ゴールドバニー 】
 50年ほど前の品種ですが、純黄色か美しく、黄色系の代表的なバラです。

 18-2 (600x405)
 【 ゴールドマリー '84 】
 赤みを含んだ濃黄で際立つ美しさです。

 18-3 (600x405)
 【 ゴールドシャッツ 】
 淡黄色で、咲き進んでも褪色がなく、色の調和が乱れません。



    2016 秋バラシリーズ(19)  黒い薔薇

 品種名に「黒***」とついているもの二種、いずれも日本の薔薇です。

 19-1 (600x405)
 【 黒真珠 】 
 ハイブリッドティ、黒薔薇の中では最も深い色合いで、日焼けに強くビロードのような光沢が美しいです。
 
 19-2 (600x405)
 【 黒 蝶 】
 フロリバンダ、深みのある黒赤色とシックな花形が魅力、花付き・花持ちが良く、アレンジに大変重宝しています。



    2016 秋バラシリーズ(20)  絞り模様
 花弁に斑が入る「絞り」模様のバラ、二種、いずれもフロリバンダ
 
 20-1 (600x406)
 【 センチメンタル 】
 白地にローズ色のjマーブル模様が魅力です。強健で育てやすいと思います。

 20-2 (600x400)
 【 エドガー・ドガ 】
 ピンク地に深いルージュの縞、波立つ花弁は、踊り子達のスカートのチュールを彷彿とさせます。名は踊り子の絵で有名な画家ドガに因みます。



 
2016/12/07 09:48 バラのポストカード TB(0) CM(0)

   (21) ボニカ '82

 シュラブ  メイアン(仏)  1982年

 2003年に、世界バラ会連合殿堂入りの名花

 サーモンピンクの丸弁平咲き、長く伸びたシュートがうなだれてスプレー状の大きな房咲きになります。

 いわゆる、修景バラに分類され、耐病性に優れ丈夫で育てやすいバラです。

 枝変わりに、花色の濃い「ロイヤルボニカ」がありますが、こちらも優れたバラです。

 21 (600x405)



   (22) しのぶれど

 フロリバンダ 京成バラ園芸  2006年

 青みを帯びた淡い藤色の奥ゆかしい花色、花形で「和」の雰囲気を感じさせます。

 平兼盛の和歌
「しのぶれど 色に出にけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」から、忍ぶ恋心をイメージして名付けられています。 

 22 (600x401)



   (23) ニュー・ドーン

 クライミング  アメリカ  1930年

 1997年、つるバラとして初めて、世界バラ会連合殿堂入りした名花

 シルバーピンクと呼ばれるやわらかな花色で、花付きがとても良いです。

 ただ、ステムが非常に長いので、花が横に飛び出して暴れた感じがします。

 日陰などにも強く、耐病性も優れており、無農薬栽培も可能です。

 その名のとおり「新しい夜明け」を思わせるバラです。
 
 23 (600x405)



   (24) 安 曇 野

 クライミング  日本  1983年

 小輪一重の花が大房になり、花付きは抜群です。

 花がらを残すとローズヒップが楽しめます。

 シュートは細かなトゲがありますが、しなやかで、どのような仕立て方でもできます。

 24 (600x401)



   (25) イングリッド・バーグマン

 ハイブリッドティー  デンマーク  1983年

 2000年に、世界バラ会連合バラの殿堂入りの名花

 ヨーロッパとアメリカで活躍した往年の大女優、イングリッド・バーグマンに捧げられたバラで、凛とした美しく気高い姿は、まるで銀幕の中から抜け出してきた彼女そのもののようです。

 25 (600x406)



   (26) カトリーヌ・ドヌーブ

 ハイブリッドティー  メイアン(仏)  1979年

 「シェルブールの雨傘」などで有名なフランスの映画女優、カトリーヌ・ドヌーブに捧げられたバラ

 そのイメージ通り、花弁数の少なさが柔らかい雰囲気を出し、オレンジぼかしの半剣弁高芯咲きに、やさしい香りが漂います。

 26 (600x404)


 
   (27) ラ ブ

 グランディフローラ(HT系)  アメリカ  1980年

 表弁の赤と裏弁の白の鮮やかなコントラストが、とても魅力的です。

 早咲き品種で、花つきがよく丈夫で、樹形の乱れもありません。

 私のバラ園では、当初から植えているバラで、最もお気に入りの一つです。

 27 (600x405)



   (28) イントリーグ

 フロリバンダ  アメリカ  1984年

 深いワインレッドの半剣弁抱え咲き

 フロリバンダとしては大きめの花を咲かせ、花枝が太めでがっちりとしています。

 いわゆる、バラの香りと言っても良いダマスクの強い香が特徴で、私は、来園者にバラの香りを紹介する際は、このバラを嗅いで頂くことにしています。

 ちなみに、クレオパトラが床に敷き詰めた愛用のバラが、ダマスクローズだそうで、女性の方は見逃せないバラです。

 28 (600x405)



   (29) マチルダ

 フロリバンダ  メイアン(仏)  1988年

 柔らかに滲む覆輪状の淡桃色が愛らしく、少し古いバラですが、衰えない人気があります。

 花付き、花持ちが良く、株全体として美しくまとまります。

 他のバラとのマッチングも良いので、お奨めしたい品種の一つです。

 29 (600x404)


 
   (30) ほ の か

 フロリバンダ  日本  2004年

 クリーム地に桃紅の覆輪が魅力のバラ、咲き進むにつれて紅がのります。

 花持ちの良い強健種ですが、香は微香です。

 30 (600x405)



   (31) ファイヤーワークス ラッフル

 フロリバンダ  インタープランツ(蘭)  2014年

 これも薔薇か、と思うような変わった花形です。

 ラッフル(波立つ、しわになる、ヒダになる等)ローズシリーズの新しいバラです。

 カタログ等では、「深く切れ込みの入った花びらが優雅に波打つ、豪華な花姿のラッフルローズ、バラの世界に新風をまきおこした画期的な品種」と紹介されています。

 31 (600x406)



   (32) 浪 漫

 フロリバンダ  京成バラ園芸  2006年

 「浪漫」という品種名は、「大正浪漫(ロマン)」から来ているようですが、サーモンを帯びたレンガ色の花色から、レトロな雰囲気を感じます。

 花弁質が強く、蕾から散るまで長く楽しめ、フラワーアレンジにも大変重宝しています。

 私の最も好きなバラの一つです。

 32 (600x405)



   (33) ラバーナ

 ハイブリッドティ  作出者・作出年は不明

 ハイブリッドティとしては、やや小さめの花ですが、ローズピンクの整形花です。

 強健で、花付き・花持ちは極めて良く、またトゲがほとんどないので、アレンジには最適です。

 33 (600x400)



   (34) ノックアウト

 シュラブ  アメリカ  2000年

 修景バラとして位置づけられ、いわゆるノックアウトシリーズの先駆けとなったバラです。

 非常に強健で、うどんこ病、黒星病に強い抵抗力があり、無農薬で育てられます。

 また、花つきがよく、晩秋まで繰り返し咲き続けます。

 枝変わりに、ピンクノックアウト、ブラッシングノックアウトがあるほか、シリーズとして、レインボーノックアウト・ホワイトノックアウト・ダブルノックアウト・サニーノックアウトなともあります。

 個人的感想ですが、環境に優しいバラという、これからのあるべき方向性を具現している一つのバラのように思います。

 余談ですが、アメリカでは、街路を飾るバラとして人気が高いようです。

 34-1 (600x405)
 【 ノックアウト 】

 34-2 (600x406)
 【ピンクノックアウト 】

 34-3 (600x405)
 【 ダブルノックアウト 】

 34-4 (600x405)
 【 ホワイトノックアウト 】



   (35) ハニーブーケ

 フロリバンダ   アメリカ  2000年

 他のバラや草花と強調し合う優しく透き通るような花色と花形をしています。

 フロリバンダとしては大きめの花をつけ、「蜜蜂の花束」という花名のイメージにぴったりです。

 黄色系としては樹勢や耐病性もあるように思います。
 
 35 (600x405)



   (36) ジュビリー・セレブレーション

 イングリッシュローズ  デビッド・オースチン 2002年

 外側に向かって淡くなるサーモンピンクのカップ咲き

 イングリッシュローズの中でも際立つ色合いで人気があります。

 品種名は、エリザベス女王即位50周年を記念して名付けられています。

 36 (600x405)



   (37) 黒蝶(くろちょう)

 フロリバンダ  京成バラ園芸  2005年

 深みのある花色とシックな花形が織りなす洒落た花です。

 花付きと花持ちの良さは抜群で、アレンジにピッタリ、耐病性もあり、個人的には優れたバラと思います。

 秋には、まさに黒蝶のような深い色合いになります。

 37 (600x405)



   (38) センティッド エアー

 フロリバンダ  イナンタープランツ(蘭) 2010年

 フリルのかかったラベンダーピンクの花弁からは、「香りに満ちた空間」の意味の通り、周りに甘い香りを漂わせます。

 トゲが少なく、扱いやすいバラと思います。

 38 (600x406)



   (39) ダーシー・バッセル

 イングリッシュローズ  イギリス  2006年

 クリムゾン色の花を、シーズンを通してよく咲かせます。

 フルーツ香があり、トゲの少ない扱いやすいバラと思います。

 品種名は、英国ロイヤルバレエ団のバレリーナの名前にちなむそうです。

 39 (600x406)



   (40) シンパシー

クライミング  コルデス(独)  1964年

美しい深みのある赤色が魅力のつるバラで、一季咲き
 
枝がしなやかで誘引しやすいですが、ステムが長いため、開花位置を計算して誘因に少し工夫が必要です。

花付き、花持ちがよいので、ステムの長さを活用して切り花としてアレンジに重宝しています。

トゲが少なく、病気に強い育てやすい品種と思います。

 40 (600x405)




2016/12/06 13:45 バラのポストカード TB(0) CM(0)
          2016年春バラを、60回シリーズとして紹介します。


   (1)バラシーズン先駆け モッコウバラ黄八重

 例年、このバラの開花によって、私のバラ園の春バラシーズンが始まります。

 ただ、残念なことは、開花期が余りにも早く、5月21日から予定している高齢者福祉施設や障がい者のための憩いの場としての無料公開時には、全く跡形もないという点です。

 写真は、満開のコデマリで一緒に写し込んでみました。

 1 (429x600)



   (2) ナニワイバラ

 春バラ二番手は駐車場横の建物壁面に誘引している「ナニワイバラ」です。

 園では、モッコウバラに続いて咲く極早咲き種、バラには珍しく常緑で、完全無農薬で育てています。

 花は清楚で、味わいがありますが、トゲが大きく強いのが玉にキズです。

 2 (600x406)



   (3) つるチャールストン

 フロリバンダ「チャールストン」の枝変わりです。

 メイアン(独)作出 1996年(フロリバンダは、1963年)

 早咲きで、我が園では、黄モッコウバラ、ナニワイバラに次いで咲きます。

 いわゆる「色変わり」の代表的品種で、黄色に赤い覆輪がかかり、最後は赤でおわる華やかな花色が魅力、誰でも踊れるダンスとして一世を風靡した「チャールストンダンス」を彷彿とさせます。

 ただ、最近の品種育成の水準から見ると、耐病性が弱いところがあり、注意が必要と思います。 

 3 (405x600)


    (4) スパニッシュ・ビューティ

 つるバラ スペイン 1929年 早咲き

 少し古いバラですが、エレガントな波状弁で、現在でも人気があります。

 私の勝手な想像ですが、スペインの作出者は、「スハニッシュ・ビューティ」のとおり、この優雅な波状弁と「スペインの美女」フラメンコダンサーのフリルのついた衣装を重ね合わせたのではないでしょうか。

 花はうつむき加減に咲きますので、目線より少し高い位置に誘引すると良いように思います。

 4 (600x406)


   (5) ゴールドバニー

 フロリバンダ フランス 1979年

 少し古いバラですが、黄色バラの名花で、枝変わりの「つるゴールドバニー」もあります。
 
 黄色の丸弁カップ咲き、花持ちが良く、花色も褪色しにくく、また耐病性もあり、育てやすいバラだと思います。

 雨の中のバラ、変わった表情を見せてくれます。

 5 (600x405)
 

    (6) イエローエタニティ

 フロリバンダ 河本バラ園 2006年

 日本を代表する女性育種家、河本純子さん作出で、女性らしい感性に溢れたバラです。

 黄色が、派手さはありませんが、水彩画のように淡く優しい色です。

 直訳すると「永遠の黄色」とでも言えますでしょうか。

 咲き初めはカップ咲きですが、咲き進むとロゼット咲きにかわります。

 どの形の時も花形が整っており、その変化を楽しめるとともに、香りもあり、切花として部屋に飾るのも良いと思います。

 6 (600x394)



   (7) グレッチャー

 フロリバンダ コルデス(独) 1955年

 桃色の強いくすんだラベンダー色のカップ咲き

 幻想的な彩りで、最盛期には思わず息を呑むほどの美しさがあります。

 花付きはとても良いですが、少し病気に弱いところがあるように思います。

 名前は、ドイツ語で「氷河」ということのようですが、発想力の弱い私には、少しイメージが湧きかねます(笑´∀`)

 7 (600x405)



   (8) サンライトロマンティカ

 フロリバンダ メイアン(仏) 2005年

 グリーンを帯びた丸い蕾が、開花につれて中輪のロゼット咲きになります。

 サンライトの名のとおり、光り輝くような黄色の花色とクラシカルな花形、強い香が魅力です。

 花付きが良く耐病性もあり、育てやすいバラと思います。
8 (600x405)



   (9) メニーハッピーリターンズ

 シュラブ ハークネス(英) 19885年

 平咲き、豪華さはありませんが、淡いピンクの可憐な花をたくさんつけます。

 花持ちが良く、繰り返し花をつけ、育てやすいバラと思います。

 「メニーハッピーリターンズ」、「誕生日おめでとう」という意味にも用いられるようですが、ご覧の貴方に、たくさんの幸せが、再び巡ってきますように、願いを込めて贈ります。

 9 (600x406)


   (10) プリンセス アイコ

 フロリバンダ 京成バラ園芸 2002年

 敬宮愛子内親王のご誕生を祝して名付けられたバラです。

 蕾から巻いた花弁が開いていく様子が優雅で、愛子様のイメージにピッタリと思います。

 花付きが素晴らしく良く、長く咲き続けます。

 10 (600x405)



   (11) ウェットラ

 フロリバンダ  ベルギー  1976年

 花は明るい赤で、花付きがとても良く、4~5輪の房咲きとなります。

 樹勢も旺盛で、とても育ちやすいバラと思います。

 また、棘は赤く、葉は濃緑で、とても賑やかな演出になります。

 赤バラは、写真にした場合、今ひとつ本物の色合いが出にくいのが玉にキズです。

 11 (600x405)



   (12) 楽園

 ハイブリッドティ  京成バラ園芸  1996年

 表弁は、明るいオレンジ色、裏弁は黄色、春から秋まで、光沢のある美しい花を咲かせます。

 典型的な剣弁高芯咲きの大輪、フルーティな香も合わせて、存在感は抜群です。

 病気には、やや注意が必要と思います。

 12 (600x405)



   (13) エドガー ドガ

 フロリバンダ デルバール(仏) 2003年

 とてもエレガントなセミダブルの花は、中心が金色。

 ピンクの地に深いルージュの縞が入る絞り模様です。

 波立つ花弁は、踊り子達のスカートのチュールが、さらさら音を立てているようです。

 照り葉で、強健、多花です。

 名前は、「踊り子」で有名なフランス印象派の画家に因みます。

 13 (600x406)



   (14) グラハム・トーマス

 シュラブ  デビッド・オースチン(英) 1983年

 いわゆる、イングリッシュローズの代表的名花で、2009年に世界バラ会連合の殿堂入りしたバラです。

 シュラブで、木立バラ、つるバラ、いずれの仕立てもできますが、つるバラとして管理した方が見応えがあります。

 カップ咲きで、数輪の房になり、花付きはとても良いです。
 
 14 (600x390)



   (15) モナリザ

 フロリバンダ  コルデス(独) 1980年

 謎の微笑みで有名なレオナルド・ダビィンチの名画「モナリザ」をイメージしたバラ

 花色はオレンジ黄色で、外側に向かうに従って弁先に桃色がさし、開花するにつれ花弁が波打ち、平咲きに近くなります。

 フロリバンダの中では大型で樹勢が強く、一見したところでは、ハイブリッドティを彷彿とさせます。

 葉はオレンジ色の光沢をもつ照り葉で美しく、耐病性も高いので育てやすいように思います。

 15 (600x401)



   (16) サンセット・グロウ

 クライミング  イギリス  2010年

 個性的な色の波状弁で、花付きが良く、花弁が傷みにくいバラです。

 シュートは、トゲが少なく、細くしなやかで誘引しやすい。

 ただ、開花はシュートの先端が中心であり、株全体にまんべんなく咲かせるためには、剪定に少し工夫が必要と思います。

 バラ大図鑑では、「近年、まれに見るつるバラの傑作品種」と紹介されています。

 16 (600x405)



   (17) ナエマ

 クライミング  デルバール(仏) 1998年

 淡桃色のカップ咲きで強いフルーツ香があります。

 ナエマの名前の由来は、あの香水、「ゲラン ナエマ」に由来しているそうです。

 シュートは長く直立に伸び、花はシュートの先端に集中しがちで、株元には付きにくいので、剪定に少し工夫が必要です。

 また、葉が巻きやすいですが品種の特性であり、異常現象や障害ではないと思われます。

 17 (600x405)

 

   (18) アメジスト・バビロン

 クライミング  インタープランツ(蘭)  2013年

 インタープランツのバビロンシリーズ(花芯のブロッチが特徴の品種群)の一つです。

 赤みの強いラベンダー色の平咲きで、咲き進むと全体に赤紫色が濃くなります。

 花付き、花持ちが良く、株元にも花をつけますので、扱いやすいバラと思います。

 18 (600x405)



   (19) 花霞

 フロリバンダ  京成バラ園芸  1985年

 ふわっと広がるピンクのぼかしが美しいセミダブルの花。

 花付きは、極めて良く、株一杯に咲き続けます。

 和の雰囲気が漂うバラと思います。

 19 (600x405)



   (20) ダブル・デライト

 ハイブリッドティ  スイム&エリス(米)  1976年

 1985年に、世界バラ会連合殿堂入りの名花

 黄みを帯びたアイボリー色から、咲き進むにつれて赤がのり、強いフルーツ香があります。

 名前は、ダブルデライトですが、二つの色とフルーティーな香を楽しめる「トリプルデライト」といえるほどの品種です。

 ところで、貴方にとって、ダブルデライト(二重の喜び)は、何でしょうか。

 ダブルディライト2 (600x405)




2016/12/05 22:54 バラのポストカード TB(0) CM(0)
      バラのポストカード (№ 47)

 修景バラ、「アスピリンローズ」です。

 アスピリン(いわゆる バファリン)といえば、誰もが一度や二度はお世話になったことがある代表的な消炎鎮痛剤の一つです。

 1997年、タンタウ(独)の作出ですが、この年は、バイエル社(ドイツ 製薬会社)でアスピリンが合成されて100周年であり、これを記念してアスピリンをイメージして命名されています。

 修景バラに相応しく、手間いらず強健で、フロリバンダとしても利用できます。

 47 アスピリンローズ (600x405)
 【 アスピリンローズ 】
 


      バラのポストカード (№ 48)

 修景バラ2種です。

 修景バラは非常に強健で、ほぼ無農薬で育てられる他、剪定も刈り込みばさみでも出来るほど極めてラフに行え、ローズペイサージュとも呼ばれ、環境に優しいバラです。

 ただ、個々の花形や花色は、やや魅力に乏しいところがあり、今回紹介する「シェスタ」と「ルポ」も、小輪で一輪の花としては控えめですが、株としては魅力的で、バラ園でもボーダー等として役立っています。

 上段写真は、「シェスタ」 2000年メイアン作出のシュラブ、1㎡当たり3株程度を群植すると見応えがあります。

 下段写真は、「ルポ」 2006年 コルデス(独)作出、花付きの良いコンパクトなバラで、鉢植えにも向きます。

 48-1 シェスタ (3) (600x405)
 【 シェスタ 】

 48-2 ルポ (600x424)
 【 ルポ 】



      バラのポストカード (№ 49)

 修景バラ2種です。

 修景バラは、ローズペイサージュとも呼ばれ、環境に優しい品種群ですが、反面、個々の花形や花色は、やや魅力に乏しいところがあります。

 しかし、中には、花容が一流のフロリバンダに勝るようなものもあり、今回紹介する「ボニカ '82」と「ロイヤルボニカ」は、その代表的なバラです。

 上段写真は、「ボニカ '82」、1982年 メイアン作出のシュラブ、花は、パステルピンクが株全体を覆うように咲き、とても見事です。

 修景バラとしては、唯一、2003年に世界バラ会連合殿堂入りしている銘花です。

 下段写真は、「ロイヤルボニカ」 1992年 メイアン作出、「ボニカ '82」の枝変わりで、「ボニカ '82」より花色が濃く、樹形もやや大きめです。

 シュートもよく発生し、管理が容易な上に花持ちもよく、アレンジメントなどにも大変重宝しています。

 ちなみに、「ボニカ」とは、カタロニア語で「美しい」という意味のようですが、両種を栽培してみた個人的感想としては、枝変わりの「ロイヤルボニカ」の方が、トータル的に優れているように思います。

 この2種は、皆さんにも、ぜひお奨めしたい、私のイチオシのバラです。

 49-1 ボニカ82 (3) (600x404)
 【 ボニカ '82 】

 49-2 ロイヤルボニカ1秋 (600x405)
 【 ロイヤルボニカ 】



      バラのポストカード (№ 50)

 修景バラ2種です

 上2枚は「ケアフリーワンダー」1993年メイアン作出のシュラブ、名前のとおり丈夫で手間のかからない品種、次々と枝葉を伸ばして絶え間なく花を咲かせます。

 浅めに剪定して、大株にすると、花付きの良さが際立ちます。 ただ、ややトゲがきついこと、平咲きのためアレンジには不向きです。

 下2枚は、「ゴールデンボーダー」 1987年 メイアン作出、株は、直立で樹高0.7㍍とやや小さめ、並木植えとして、ボーダー花壇にすると見事です。
 
 花持ちが良く香もあり、トゲもほとんどないので、アレンジなどにはピッタリです。

 50 ケアフリーワンダー2 秋 (600x405)
 【ケアフリーワンダー 1 】

 

      バラのポストカード (№ 51)

 修景バラ、メイアン(仏)の「ノックアウトシリーズ」です。

 ノックアウトの由来は、カタログによると「バラの健康優良児、黒点病・うどんこ病をノックアウト、ノックアウトの強さに敵うバラはない」と言うことだそうです。

 事実、無農薬でも栽培でき、剪定なども極めてラフでよく、環境に優しい代表的バラです。

 現在、「ノックアウト」が2000年に作出されて以来、8品種がシリーズ化されていますが、今回は5品種を紹介します。

 いずれも花つきがよく、年末まで絶え間なく咲き続け、特に株が成長すると大変見応えがあります。

 ノックアウトは、シリーズの先駆けとなった品種で、また「ピンクノックアウト」「ブラッシングノックアウト」は、この枝変わりです。

 51-1 ノックアウト 秋2 (600x406)
 【 ノックアウト 】

 51-2 ピンクノックアウト2 秋 (600x405)
 【 ピンクノックアウト 】

 51-3 ブラッシングノックアウト (600x405)
 【 フラッシングノックアウト 】

 51-4 ダブルノックアウト (600x405)
 【 ダブルノックアウト 】

 51-5 サニーノックアウト (600x425)
 【 サニーノックアウト 】


 
      バラのポストカード (№ 52)

 イングリッシュローズ2種です。

 イギリスには、バラの育種会社として「デビッド・オースチン・ロージズ」「ハークネス」などがありますが、イングリッシュローズの名称は、デビッド・オースチン・ロージズのブランド名です。

 文献によると、1867年に最初のハイブリッドティー「ラ・フランス」が誕生し、ハイブリッドティ全盛の20世紀半ば過ぎ、1961年にモダンローズにオールドローズの特性を導入した全く新しいバラ、最初のイングリッシュローズ「コンスタンス・スプライが発表されたとあります。

 以来半世紀あまり、今やイングリッシュローズは、世界のバラ愛好家を魅了する代表的ブラントになっています。

 今回は、あえて、イングリッシュローズ黎明期の品種で現在はカタログ落ちしている「ザ・スクワイヤー」と、絶大な人気品種を対比してみました。
 
 ザスクワイヤー (600x405)
 【 ザ・スクワイヤー 】

 1977年に発表され、当園にある18種の中では、最も古い品種です。初期の時代のものであり、近年のものに比べると、枝振りがやや無骨な印象で、耐病性も良いとは言えません。

 52-2 グラハム・トーマス (5) (600x405)
 【 グラハム・トーマス 】

 1983年発表の品種で、イングリッシュローズの中では、唯一、世界バラ会連合の殿堂入りバラ(2009年)に選ばれています。

 花つきがよく、秋まで適宜返り咲きますが、ステムが長く、ややまとまりに欠けるように思います。

 シュラブですが、つるバラとして扱われることが多く、つるバラとしては、「ピエール・ドゥ・ロンサール」と並んで、人気が高い名花です。



      バラのポストカード (№ 53)

 イングリッシュローズ、「二人のオースチン」2種です。

 イングリッシュローズの品種名には、個人の名前がたくさん登場します。

 それもイングリッシュローズが、創立者である「デビッド・CH・オースチン」個人の作出で、彼を取り巻く人間模様を表しているかもしれません。

 二人のオースチン「パット・オースチン」と「クレア・オースチン」です。

 自分が丹精込めて育て、最愛の家族の名を冠して世に送り出す、デビッド・CH・オースチンのバラと家族に対する揺るぎない愛情が垣間見える気がします。

 53-1 パットオースチン (3) (600x400)
 【 パット・オースチン 】 1995年発表
 
 パットオースチンは、デビッド・オースチンの最愛の妻であり、彫刻家であった夫人は、バラの育種において良きアドバイザーであったようです。

 カタログによると、「このバラの誕生によって、全く新しい色がイングリッシュローズに導入され」たと紹介されています。

 53-2 クレア・オースチン (600x424)
 【 クレア・オースチン 】 2007年発表

 クレア・オースチンは、デビッド・オースチンの娘で、アイリスやシャクヤク等を専門としたナーセリーの経営者だそうです。

 カタログによると、「白いバラというのは、どことなく特別な感じがします。きっと純粋さと輝きのせいでしょう」と紹介されています。



      バラのポストカード (№ 54)

 イングリッシュローズ、ピンクのバラ2種です。

 イングリッシュローズには、様々な花色がありますが、ピンクは代表的な色で品種数も多いようです。

 これは私見ですが、イングリッシュローズが、オールドローズをベースとして育種されていることと関係があるのではないでしょうか。
 (Roseには、「ピンク」という意味もある)

 54-1 シャリファアスマ (6) (600x404)
 【 シャリファ・アスマ 】 1989年発表
 
 初めはカップ咲きで、だんだんと花弁が反り返り、ゆったりとしたロゼット咲きに変化、樹形は比較的低めで、絶え間ないほど花を付けます。

 名前は、アラビア半島にあるオマーン国の王女に因むそうです。

 54-2 ジュビリーセレブレーション (4) (600x400)
 【 ジュビリー・セレブレーション 】 2002年発表

 愛らしく深みのあるピンクの大輪が魅力的で、大輪としては珍しく次から次へと花を咲かせます。

 エリザベス女王の即位50周年であるゴールデンジュビリーの記念として名前が付けられています。

 初期のERは、耐病性の弱いものがありますが、近年(概ね2000年以降)発表された品種は強健なものが多く、このバラもその一つと思います。



      バラのポストカード (№ 55)

 イングリッシュローズ、「クリムゾンのバラ」2種です。

 イングリッシュローズには、代表的なピンクはの花色と並んで、クリムゾンの品種が多数あります。

 私自身は外国語が不得手で、これまでカタログの花色を見て、これがクリムゾンかと漠然と思い、日本語では適切な表現がが湧いてきませんでした。

 念のため、Wikipediaで確認すると「濃く明るい赤色で、少し青みを含んで紫がかる」と説明されており、一言では言い表せない色のようです。

 55-1 ダーシー・バッセル (2) (600x407)
 【 ダーシー・バッセル 】 1989年発表
 
 カタログには、「赤いバラの交配は至難の業ですが、このバラの誕生にはとても満足しています。

 心地よいフルーティーな香で、とても深みのあるクリムゾンの花は、散る直前には藤色に染まります」と紹介されています。

 名前は、ロイヤル・バレエ団の主役を務め、大英勲章を受章したバレリーナに因むそうです。

 55-2 フォルスタッフ (600x405)
 【 フォールスタッフ 】1999年発表

 時として、これが同じ品種かと思うほど、異なった表情を見せます。

 株は、木立バラとしてもつるバラとしても仕立てられますが、小さめのつるバラとしての管理が容易だと思います。

 名前は、シェイクスピアの喜劇「ウィンザーの陽気な女房達」などに登場した、若いヘンリー王子の飲み友達の名に由来するそうです。



      バラのポストカード (№ 56)

 イングリッシュローズ、「変わりダネのイングリッシュローズ」 2種です。

 イングリッシュローズーの花形は、オールドローズの血を引くからと思われますが、カップ咲きからロゼット咲きへ変化するものがほとんどです。

 そのような中で、今回の2種は、少し異色の存在です。

 56-1 キューガーデン (2) (600x405)
 【 キュー・ガーデン 】 2009年発表
 
 小さめの一重の花が集まって、アジサイのような大きな花のかたまりになり、ソフトアプリコットの蕾は、咲き進むにつれて純白になり、おしべの根元にはレモン色が混じります。

 ロンドンにあるキュー王立植物園の250周年記念に、この名前が付けられたそうです。

 56-2 ファイティング・テレメア2 (600x406)
 【 ファイティング・テレメア 子】 2011年発表

 カタログによると、「庭で役立ちそうな、個性的なタイプのイングリッシュローズ」と紹介されています。

 樹勢は旺盛で、木立バラでもつるバラとしても仕立てられます。

 名前は、JMWターナーというイギリスの水彩画家によつて描かれた絵画に由来するそうです。


 
      バラのポストカード (№ 57)

 イングリッシュローズ、「庭の中で見るイングリッシュローズ」です。

 バラ、特にハイブリッドティやフロリバンダは、一般的に個々の花形や花色が鑑賞の中心となっており、ERも同じ面がありますが、決定的な違いは、庭において株そのものが、バラ以外の植物や修景などと自然に溶け合うことではないでしょうか。

 株の大きさの割には細めのステムで風にそよぐ姿、ややうつむき加減で控えめな風情、オールドローズを受け継ぎ庭一面に漂う香、いずれも、ガーデンローズとしてこそ、その真価を発揮するバラと思います。

 実際に、鉢栽培も行ってみましたが、やはり地植えで、他の草花と一緒に愛でるのが相応しいバラのように思います。
 
 株の写真は、適切なシャッターチャンスが乏しく十分ではありませんが、ガーデンローズとしての姿を紹介します。

 57-1 モリニュー (600x423)
 【 モリニュー 】

 57-2 ダーシー・バッセル (2) (600x400)
 【 ダーシー・バッセル 】

 57-3 グラミス・キャッスル (2) (600x400)
 【 グラミス・キャッスル 】 
 
 57-4 ジュビリーセレブレーション (3) (600x401)
 【 フジュビリー・セレブレーション 】

 57-5 パットオースチン (600x401)
 【 パット・オースチン 】



      バラのポストカード (№ 58)

 オールドローズシリーズ 愛しの名花「グルス・アン・テプリッツ」です。

 私は最初にこのバラを見たとき、これもオールドローズかと思いました。

 オールドローズは一季咲き・返り咲きのものがほとんどですが、このバラは、四季咲きで絶え間なく花を付けます。

 花は赤色でカップ咲き、花枝は細く房咲きとなるため下を向いて咲き、愛おしくなるような不思議な魅力を持ったバラです。

 名花といえば殿堂入りバラ、それらは、ピースを初めとするモダンローズから選ばれたものを思い浮かべますが、オールドローズの範疇にも殿堂入りバラあり、グルス・アン・テプリッツは、その10品種の中の一つです。

 文献によると、日本には明治10年代に渡来し「日光」の名で親しまれたと紹介されています。また、岩手県花巻市では、宮沢賢治が愛培していたので「賢治のバラ」と呼ばれているそうです。

 名前は、「テプリッツ ご機嫌よう」というような意味で、テプリッツは作出者の妻の生まれ故郷(現在は、チェコの温泉町)の地名だそうです。

 庭に、ぜひ1本植えておきたいバラです。

 58 グルースアンテプリッツ2 (600x405)
 【 グルス・アン・テプリッツ 】



      バラのポストカード (№ 59)

 オールドローズ、クレオパトラも愛用したバラです。
 
 「ロサ ダマスケナ トリギンティペタラ(別名 カザンリク)」は、古典的なダマスクローズの一つで、絶世の美女クレオパトラも愛用したそのダマスク香は、まさに香の王様です。

 私が、このカザンリクと出会ったのは、2012年の春、埼玉県で開催された第14回国際バラとガーデニングショウの会場で、ブルガリア産ダマスクローズ苗の輸入注文を目にしたときです。

 その年の秋11月に、10本ほどの挿し木苗が送られてきましたが、以来、手探りでの栽培が続いており、まだ満足できる花付きに至っていませんが、その一端を紹介します。

 ダマスクローズはの栽培起源は、紀元前6~5世紀に始まり、絶世の美女クレオパトラやナポレオン一世の皇妃ジョセフィーヌもその高貴な香を寵愛したそうで、抽出されたローズオイル1㏄は、金1㌘より高価で貴重なものであったそうです。

 59 カザンリク (2) (600x401)
 【 カザンリク 】

 

      バラのポストカード (№ 60)

 オールドローズ、愛らしいポンポン咲き、「ブラッシュ・ノアゼット」

 淡いピンクのポンポン咲きで、10~20の房咲となり、花付きは非常に良い。シュートはよく発生し、夏以降も返り咲きます。

 枝はトゲがほとんどなく扱いやすいですが、植え付け後初期は、株づくりに重点を置くと沢山の花を咲かせます。

 成株になると、やや自立しにくいので支柱があると良いように思います。

 このバラは、「ルドゥーテ」のボタニカルアート「バラ図譜」の中では、「ロサ・ノアゼッティーナ」として描かれています。

 60 ブラッシュノアゼット3 (600x406)
 【 ブラッシュ・ノアゼット 】


 
        バラのポストカード (№ 61)

 オールドローズ、愛らしいピンクの2種です。
 
 上段は「粉粧楼(フェンジュアンロウ)」

 淡いピンクのカップ咲きで濃厚なスパイス香があります。

 株はコンパクトで鉢歳にも向きますが、ボーリングしやすく、うどんこ病に弱いのが玉にキズです。

 チャイナローズとして販売されていることがありますが、文献によると、正式にはヨーロッパ生まれのポリアンサで、「クロチルド・スペールと」ということが正しいようです。

 下段写真「マダム・アルフレッド・ドウ・ルージュモン」

 ほぼ四季咲きと言えるほどのほどの返り咲き性で、小ぶりでコロンと可愛らしいクォーターロゼット咲きの花容が魅力的、花芯にはボタンアイを覗かせます。

 オールドローズは、系統により花の付き方に差があり、それぞれに応じた剪定方法をマスターするには経験を積むより方法がありませんが、それ故に可憐な花を付けたときの喜びはひとしおです。

 61-1 粉粧楼 (600x405)
 【 粉粧楼(フェンジュアンロウ) 】

 61-2 マダムアルフレットルージュモン (2) (600x400)
 【 マダム・アルフレッド・ドウ・ルージュモン 】



      バラのポストカード (№ 62)

 「ナニワイバラ」です。

 モッコウバラと同じように、極めて早咲きで、春バラの先駆けとなるバラです。

 原種で一季咲き、シュートの元から咲までまんべんなく花を付けます。

 極めて生育旺盛で大株となるため、見応えがある反面、植え場所や肥培管理を誤ると、株をもてあますことになり要注意です。

 無農薬でも栽培出来ますが、「ナニワイバラ」の名のとおり、強い大きなトゲがあり、冬の剪定誘引は栽培者泣かせです。

 ルドゥーテのバラ図譜では「ロサ・ニウェア」として紹介されています。

 62 ナニワイバラ (399x600)
 【 ナニワイバラ 】



      バラのポストカード (№ 63)

 「キモッコウバラ(八重)」です。

 モッコウバラには、白色(モッコウバラ)と黄色(キモッコウバラ)があり、それぞれに花弁が一重と八重があます。

 漢字では「木香薔薇」と表記されることから、芳香が強いと思われがちですが、キモッコウバラ(八重)には香がなく、残りの3種も強い返りではありません。

 ちなみに、文献によると、その名は香原料にされるインド原産のキク科植物 モッコウ(木香)に由来するようです。

 剪定時期(7月下旬頃)を誤らなければ、毎年株を覆うほどの花を付けます。無農薬でも育てられ、トゲもないことから管理は容易ですが、逆に言えば「管理のしがいがない」という贅沢な悩みもあります。

 下段写真は、春に、紅カナメの新葉との対比がおもしろく、シャッターを切りました。

 63-1 P1070222 (600x400)
 【 キモッコウバラ 1 】

 63-2 P1070245 (600x393)
 【 キモッコウバラ 2 】



      バラのポストカード (№ 64)

 「ピエール・ドゥ・ロンサール」と「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」です。

 上段写真は、ピエール・ドゥ・ロンサール、1986年作出の少し古いつるバラですが、現在、日本で最も人気のあるつるバラで、2006年に世界バラ会連合殿堂入りした名花です。

 ピエール・ドゥ・ロンサール、ロザリアンとしては、コレクションに加えたいバラです。


 下段右写真は、ルージュの名を加えたルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールで、クリムゾンの花色が魅力です。

 ただ、ピエール・ドゥ・ロンサールとは、枝変わりの関係はなく、作出者(メイアン)のコマーシャル的命名と考えられます。

 64-1 ピエール・ドゥ・ロンサール2 (3) (600x405)
 【 ピエール・ドゥ・ロンサール 】

 64-2 ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール3 (600x405)
 【 ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール 】
 


      バラのポストカード (№ 65)

 上段写真は、皆さんとの「薔薇縁」に感謝を込めて、植物は、脇役としてバラを盛り立てる「アストロメリア」と「はつゆきカズラ」です。

 私が好きなバラ「ラブ」と「浪漫」、これも、バラに対する愛とロマンを込めて貴方に。

 
 65-1 ラブ (600x407)
 【 ラブ 】

 65-2 浪漫2 (600x401)
 【 浪漫 】


 以上で、バラのポストカードシリーズを終了します。


2016/01/06 18:07 バラのポストカード TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。