退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
 2015年のオープンガーデンが、二日後(5月20日~5月31日)に迫りました。

 現時点で、この12日間に、高齢者介護施設等から、延べ61施設580人の見学が予定されており、一般個人見学者を含めると、1.500人程度の来園があるものと想定しています。

 バラは、まだ咲きはじめですが、オープン直前の様子をお知らせします。


 最初は全景です。

 1 (600x384)


 正面入り口のアーチですが、開花はまだこれからです。

 2 (600x401)


 ガゼボのつるバラ、右は、「レッドミニモ」、左は「安曇野」で、いずれも咲き始めです。

 2-1 (600x401)


 入り口の左に続く壁面で、手前は「つる桜霞」、奥は「シンパシー」です。

 3 (600x401)


 自宅への昇降階段を挟んで、奥へ続く壁面のバラ、手前から「バンブリッジ」、「サンセットグロウ」、「グラハム・トーマス」と続きます。

 4 (600x401)


 途中にあるオーナメント「水瓶の女」で、手前の鉢仕立ては「宇部小町」で、開花前です。

 5 (600x401)


 壁面を、奧側から逆方向に見たもので、手前が「グラハム・トーマス」です。

 5 -1 (600x401)


 入り口付近に置いている、来園者向けのお土産用のバラ苗です。

 6 (600x401)


 ガゼボの前に設置している「アンジェラ」のパーゴラ、この下が来園者の記念撮影スポットです。

 8 (600x401)


 看板は、海岸で拾った流木で、今年手づくりしてみました。

 9 (600x401)


 7 (600x390)


 7-2 (600x390)


 バラ園中央のローズポール、「安曇野」です。

 10 (600x393)
 

 奥のパーゴラ、「ポールズスカーレットクライマー」で、もう少しすると見事です。

 11 (600x396)


 12 (600x393)


 13 (600x401)

 

 14 (600x401)


 イングリッシュローズが満開近くになっています。 

 15 (600x401)


 16 (600x401)


 右手前はつるバラは、「春かすみ」です。

 17 (600x401)


 「ピエール・ドゥ・ロンサール」のパーゴラです。

 18 (600x400)


 19 (600x401)


 19-2 (600x401)


 20 (600x401)


 5月19日日には、グランドオープン前のプレイベントとして、私がガイドをさせていただき、特別鑑賞会を予定しています。

 今春も、多くのサポータさんに助けられて、たくさんの笑顔に出会えることを楽しみにしています。


 
スポンサーサイト
2015/05/17 23:32 オープンガーデン TB(0) CM(0)
 2015年オープンガーデン(第6回)が間近となりました。

 今年は、、5月20日(水)~5月31日(日) 10時~16時を予定しています。

 オープン20日前の様子を紹介します。


 1 (600x394)
 来園者の皆さんをお迎えする駐車場とモッコウバラです。
 黃モッコウバラが満開で、左の白モッコウバラはこれから見頃ですが、いずれも、残念ながら5月20日の開園初日には終わっています。
 バラの後は紅カナメで、これも今が盛りです。


 2 (600x401)
 正面アーチで、つるバラは、「フェリシテペルペチュ」と「マダムピエールオジェ」です。


 3 (600x401)
 


 4 (600x401)
 アーチをくぐると、左に石垣を利用したつるバラと修景ばらの列です。



 5 (600x385)
 皆さんをお迎えするテラコッタドールの「ジョウラクローズ」君とつるバラの「つるチャールストン」です。 


 6 (600x401)

 7(600x401).jpg
 アーチ右側が、「原種・オールドローズの丘」で、今冬にリニューアル整備しました。



 8(600x401).jpg
 カゼボで、右のつるバラは「レッドミニモ」、左は「安曇野」です。



 9 (600x401)

 10 (600x401)
 バラ園で、来園者の記念撮影人気スポットとなっているアンジェラのパーゴラと、その奥は、「世界バラ会連合殿堂入りバラ」のコーナーです。


 11 (600x389)

 12 (600x401)
 園中央の殿堂入りバラコーナーを取り囲んで、四方に、フロリバンダターサークルを配置し、フロリバンダ52本を植栽しています。



 12-2 (600x401)

 12-3 (600x401)
 バラ園左側の石垣を進むと、奥に大型のパーゴラがあり、「アルベリックバルビエ」と「つるミミエデン」がまもなく開花します。
 下の写真は、パーゴラの外から逆方向に園内を見たものです。



 13 (600x401)

 13-2 (600x401)
 大型パーゴラを曲がったところが、「女神フローラ」のレリーフがある場所です。
 また、その隣には、新しく、来園者の貴賓席を設けました。



 14 (600x401)

 15 (600x401)
 さらに、外周路を進むと、リニューアルした「イングリッシュローズの道」で、イングリッシュローズ14本が植栽されています。



 16 (600x401)


 17 (600x401)


 18 (600x401)


 19 (600x401)
 青いパーゴラは、ピエール・ドゥ・ロンサールです。



 20(600x385).jpg


 21 (600x401)
 駐車場の美観向上のために植えている「ナニワイバラ」(上)と「ポールズヒマラヤンムスク」(下)です。



 22(600x401).jpg
 最後の写真は、来園者向けのお土産用のバラで、毎年、多くの方に喜んでいただいています。

 今年も、高齢者介護施設等の皆さんを初めとして、多くの方々の笑顔にお目にかかれることを楽しみにしております。
 
 一般個人の方のご見学については、事前登録制としていますので、ご希望の方は、下記へご連絡ください。

   メール f-maukun@icv.ne.jp


2015/05/02 14:10 オープンガーデン TB(0) CM(1)
 2014年春のオープンガーデン(5月24日~6月4日)のプレイベントして、22日・23日の2日間、バラ好きの皆さんのための特別鑑賞会を行いました。

 この企画は、初めての試みでしたが、合わせて22名の参加があり、両日とも、バラの香りが豊かな午前9時から1時間ほど、私のガイドで園内300本のバラを鑑賞していただきました。

 その後は、オープンガーデン5周年記念の特別展示を行っている部屋で、お茶会をして懇談しました。

 今回の企画は、オープンガーデン期間中は、多くの見学者の応対に忙しく、来園者の方とゆっくりお話しする機会が乏しいことから、限定企画として行ってみましたが、参加者の皆さんには堪能していただけたものと思います。

P1000839 (550x413)

P1000843 (550x410)

P1000846 (550x412)

P1000848 (550x413)

P1000849 (550x403)

P1000850 (550x413)

P1000855 (550x413)

P1000856 (550x413)

 皆さんは、いずれもバラ好きの方ばかりで、ご夫婦での参加も数組ありました。

 ガイドの途中でも、メモを取りながらいろいろと質問が出るなど、和やかな中にも熱心な見学会でした。



2014/06/12 10:53 オープンガーデン TB(0) CM(0)
 2014年、第5回 ふれあい ジョウラクローズガーデンのオープンガーデンが間近となってきました。

 今回は、ふれあい ジョウラクローズガーデンの見どころを紹介します。

 掲載写真は、2014年5月14日に撮影したもので、二分咲き程度です。

 見どころ 7ポイントです。

 500㎡のに敷地に、230種 300本がゆったりと植栽

2 様々な角度から鑑賞できる3重の回遊園路

3 車いす利用者も見学できる幅の広いフラット園路

4 つるバラ50本を、石壁、オベリスク、ローズポール、パーゴラに絡ませた立体的配置

5 バラの殿堂入り品種(15種)も全品種植栽

6 休憩所として利用できる手づくりカゼボ(東屋)

7 様々なオーメントとが、バラとコラボレーション



 最初は、バラ園の西上にある自宅から見た全景です。

1 (550x413)
 【1 全景 】

 バラ園正面入り口から見たアーチで、つるバラは、左右とも「フェリシテペルペチュ」と「マダムピエールオジェ」を混植して立ち上げています。

2.jpg
 【2 正面入り口アーチ  】

 正面入り口を入ると、最初に皆さんをお迎えする「キング」と「つるチャールストン」のオベリスクで、つるチャールストンは、早咲きですでに満開です。

 つるチャールストンの横で、手づくりのテラコッタドール「ジョウラク・ローズ 君」が皆さんをお迎えします。 
 
3.jpg
 【3 キング・チャールストン オベリスク 】

4.jpg
 【4 テラコッタドール 】

 正面アーチの右側は、「ハマナス」、「ツクシイバラ」、「サンショウバラ」等の原種を中心としたコーナーです。

 写真右は、名花「アイスバーグ」です。

5.jpg
 【5 入り口右コーナー 】 

 正面入り口を右に少し入ると、皆さんをお迎えするガゼボで、左側は「安曇野」、右は「レッドミニモ」です。

 6.jpg
 【6 カゼボ 安曇野・レッドミニモ 」

 最初に、園の外周を一廻りしてみます。

 正面入り口の左側(西側)の石垣を利用したコーナーで、「フェリスバイド」、「つる桜霞」、「シンパシー」のつるバラと、前側は修景バラなどです。

7.jpg
 【7 石垣つるバラコーナー 手前 】

 石垣に沿って少し進むと、左上に上がる階段があります。

 一番最初に紹介した全景は、この階段を上がったところから撮影したもので、、ここにあるデッキが、当園のスペシャルシートです。

 階段から上は、一般見学者には公開していませんが、ボランティアでサポーターをしていただいた方には、このスペシャルシートでコーヒーをお出ししています。

8.jpg
 【8 階段 】

 階段付近から、右手の園中央部を見た写真で、手前は、フロリバンダのコーナーです。

9.jpg
 【9 左通路から園中央を望む 】

 さらに直進すると、石垣利用つるバラコーナーの奧側で、「バンブリッジ」、「つるマリーナ」、「グラハム・トーマス」のつるバラと修景バラなどです。

 また、この中程には、水瓶を担いだ女性のオーメントがあります。

 10.jpg
【10 石垣つるバラコーナー 奧側 】

11.jpg
 【11 水瓶を担ぐ女性像 】

 次の写真は、水瓶を担ぐ女性像の前から、中心部に向けて中の園路を見たものです。
 左側のオベリスクは、「アルテシモ」、「エバーゴールド」、「春がすみ」、右のパーゴラは、ポールズスカーレットクライマーを絡ませています。

12.jpg
 【12 中の園路 】

 さらに直進し、石垣つるバラコーナーを終わると北側アーチで、両サイドからそれぞれ「アルベリックバルビエ」と「つるミミエデン」を混植して立ち上げています。

 このアーチも、今春が実質的お披露目です。

13.jpg
 【13 北側アーチ 】

 北側アーチを右に回ると、北外周路で、ここには、今春新設した女神像のレリーフ(2.4 × 1.4㍍)があり、女神の名は「フローラ」です。

14.jpg
 【14 北外周路 】

15.jpg
 【15 女神フローラ レリーフ 】

 女神像のコーナーをさらに東に少し進むと、北外周路から園中央部へ帰る道があり、写真の左オベリスクは、つるアイスバーグです。

16.jpg
 【16 北外周路から園中央部を望む 】

17.jpg
 【17 北外周路から園中央部を望む 】

 さらに東に進みます。次は、北東コーナーにあるイングリッシュローズで、20種ほどあります。

18.jpg
 【18 イングリッシュローズ 】

 外周路の北東には、「つるセシルブルンネ」と「アトール99」を混植して立ち上げたローズポールがあります。

19.jpg
 【19 北東ローズポール 】

 外周路を右に廻ります。

 外周路の東側で、右のオベリスクは「春がすみ」、突き当たり左手の青色パーゴラ(東パーゴラ)は、「ピエール・ドゥ・ロンサール」です。

20.jpg
 【20東外周路 】

 次の写真は、「ピエール・ドゥ・ロンサール」のパーゴラから園外へ出て、外から園内を見たものです。

21.jpg
 【21 東外周路の外から園中央部を望む 】

 再び園内に戻り、外周路をガゼボ方面へ戻ります。

 左のフェンスは、「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」「マダムアルフレッドキャリエール」、「アメジストバビロン」のつるバラとスタンダードローズなどです。

 22.jpg
【22 東外周路のカゼボ方向を望む 】

 ガゼボへ戻る途中で、来た路を振り返ってみました。

 23.jpg
【23 東外周路を振り返る1 】

24.jpg
 【24 東外周路を振り返る2 】

 これで外周を一廻りしました。次は、カゼボの前から、園の中心部へ向かいます。

 このパーゴラは、ガゼボの前にあり、バラ園センターへの入り口ともなる「アンジェラ」です。

 毎年、この下が来園者の記念写真スポットととなっています。

25.jpg
 【25 アンジェラ パーゴラ 】

 次は、バラ園のセンターで、ハイブリッドティと「安曇野」のローズポールです。

 安曇野のローズポールは、3㍍近くあり、満開時は圧巻です。

26.jpg
 【26 センターコーナー 】

 紹介したものは、ごく一部ですが、昨秋新植したものも含めて、300本のバラが満開になる日が楽しみです。










2014/05/14 22:05 オープンガーデン TB(0) CM(0)
  2014年春のオープンガーデンを、下記により実施します。

 日 時  5月24日(土)~6月4日(水) 10時~16時 (15時30分までに入園)

   下記の催事「香り豊かな朝の特別見学会 5月22日・23日 9時~10時」以外の見学は、無料です。


 駐車場  バラ園駐車場・西蓮寺臨時駐車場(住宅団地駐車場は利用できません)


 催 事

  ■ バラ鑑賞 香り豊かな朝の特別見学会 5月22日・23日 9時~10時

   一般公開前に、各日限定20人 参加料500円

   参加料には、①ガイド料 ②・記念絵葉書1枚 ③次年度登録・案内状送料を含みます。

   事前に、申し込み必要
  
  ■ 常楽寺野菜グループ青空市 5月25日・31日 各日10時30分~

  ■ 障がい者事業所物産販売(パン・クッキー 等) 5月24日・25日・31日 各日10時~


 お願い

  ■ このブログをご覧になり、見学を希望される方は、事前に下記メールアドレス宛、「住所・氏名・電話

    番号」を明記の上、ご連絡をお願いします。  f-maukun@icv.ne.jp


    事前連絡なしで来園されても、見学していただくことはできません。 

  ■ 期間中、受付等のサポーターを募集しています。バラの香りの中で、お手伝いして頂けませんか。

    ご協力いただける方は、ご連絡ください。   f-maukun@icv.ne.jp


2014/05/08 11:42 オープンガーデン TB(0) CM(2)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。