退職後に趣味でバラを栽培し、オープンガーデンなどを行いながら、地域の皆さんと交流をしています。 またフェイスブックでも、皆さんと交流していますのでよろしくお願いします。
プロフィール

 今 岡 忠 嗣

Author: 今 岡 忠 嗣
FC2ブログへようこそ!

団塊世代 ネズミ
趣味 ガーデニング 木工 
バラ栽培を主に掲載します
よろしく お願いします

島根県出雲市湖陵町常楽寺 在住

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バラ園訪問者
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
      春バラ 開花後の剪定と管理 

 2013年7月号から始めた「マガジン 毎月のバラ栽培」も一年がが経過し、今回の2014年6月号で最終号を迎えました。
 
 このマガジンは、2013年のオープンガーデンの際に、見学者の方から、「バラの管理について月毎に教えてほしい」との要望があり、希望者に郵送方式により始めたもので、ブログ上でも同じものを公開していました。

 一年間のご愛顧、ありがとうございました。

 最終号は、四季咲きの木立バラを中心として、春バラ開花後の剪定と管理について紹介します。

1 花が終わったら「切り戻し」

 四季咲きのバラは、そのまま放置した場合でも二番花が咲きますが、開花位置が高くなりすぎたり、小さな花がわずかに咲くという結果になります。
そこで、二番花以後も開花を促進し、ほどよい高さで、しっかりとした花を咲かせるために、花後の剪定(切り戻し)を行います。

● 四季咲き木立バラ

 花が終わりかけたら早めに切り戻す。

 花を放置すると株に負担がかかるだけでなく、凋花は灰色かび病等の原因となります。もったいないと思えば、切り花として楽しめば一石二鳥です。
 
 開花枝の中間部で、一般的には5枚葉を1枚含めて切り戻します。

  剪定後およそ40日で再び開花しますが、その際、相対的に浅く(高い位置)切ると、芽の出が早く小さい花が咲き、深く(低い位置)切ると、少し日数がかかりますが、  大きめの花を付けます。

  また、一般的切り戻し位置よりも下げて深く剪定すると、株をコンパクトに仕立てることができます。好みに応じて剪定すると、開花調整も含めて楽しみが増えます。

 一枝に一輪だけ咲く大輪のハイブリッドティ系は枝ごとに1回で、中輪房咲きのフロリバンダ系は、終わった花から順次摘み取り(花がら摘み)、一枝が全て咲き終われば所定の位置で切り戻します。

IMG_20140622_0001 (2) (600x488)
 【 開花後の剪定 】

● 一季咲き・返り咲き木立バラ

 一季咲きのものであっても花がら(凋花)は除きますが、品種によっては、そのまま残すことで、秋にきれいな実(ローズヒップ)を付けるものもあります。 ローズヒップは、鑑賞価値は無論のこと、ジャムやローズヒップティとしての楽しみもあります。

 オールドローズ等の中には、返り咲くものがあり、切り戻しを行いますが、一般的に、余り深く切ると花付きが悪い場合が多いことから、花がら切り程度にとどめます。

● つるバラ

 つるバラは、一季咲が一般的ですが、品種によっては返り咲くものもあります。

 ローズヒップを楽しむ以外のものは、花枝の半分程度で切除します。

 返り咲きのものは、花枝を付け根から10~15㎝程度残して切りますが、浅い剪定の方が花つきの良い場合が多いようです。

 モッコウバラ、ナニワイバラは、他のつるバラとは花芽のできる時期が異なることから、花後の剪定について少し注意が必要です。

 これらのバラは、12月頃には花芽ができており一般のつるバラのように12月~1月の休眠期に、いわゆる冬剪定を行うと来春の花が咲きません。

  そこで、今年の花後7月頃に伸びる長いシュートを付け根から切除し、新たに2番枝として短かく細い新梢を発生させて、翌春の花枝とします。

2 花後の体力づくり(追肥)

 バラにとって最も重要な栄養源は、休眠期に施す寒肥ですが、これに次いで大切なものが花後のお礼肥(追肥)です。

 花後の追肥は、開花で消耗した株の体力を回復させ、次の開花を促すために重要で、特に四季咲きバラには欠かせないものです。

 施用のタイミングは、緩効性の有機質肥料であれば切り戻しの数日前、速効性の化成肥料の場合には切り戻し時で、いずれも降雨の前であればベストです。

 また、施用に併せて軽く中耕を行えば、さらに効果が高まります。

 施肥量は、それぞれの肥料パッケージに表示された量を基本とし、株や鉢の大きさ等、バラの状態を観察しながら加減しましょう。

3 鉢植え開花株の鉢増し、庭植え

 今春購入した鉢植えの開花株は、一番花が一通り終われば、よりよく成長させるために、一~二回り大きな鉢に植え替え(鉢増し)するか、庭に植え付けましょう。

 その際、いずれの場合も、①根鉢を崩さない、②株元の接ぎ木部分は埋めないことがポイントです。

 また、秋までは、水切れにならないよう注意することも大切です。

 ご愛読、ありがとうございました。




スポンサーサイト
   備えあれば憂いなし ~予防が肝心~

 大切なバラを病気と害虫から守るコツを紹介します。

1 神経質になりすぎない

 バラの栽培には病気と害虫がつきものですが、完璧に防除できないからといって嘆くことはありません。

 そもそもバラは、とても丈夫な植物で、よほどのことがない限り、枯れることはありません。

 「バラは、病気や害虫も引きつけられるほど魅力的な花だから、少々のことは仕方がない」程度の気持でつきあいましょう。

2 病気に強いバラを選ぶ

 バラ栽培で悩んでいる方の多くが、苗木購入の際、性質の弱いバラを選んでいる可能性があります。

 バラは、品種によって病気に対する耐性が異なり、病気に強いものを選べば、それほど悩まされることなく、花を楽しめます。

 ただ、残念ながら、害虫に対する耐性は、一部の例外を除いてはありませんので、少なくとも害虫対策は必要です。

3 病気に負けない株をつくる

 まずは、病気に負けない健全な株に育てることが大切です。

 密植しないで風通しを良くする、水を与えすぎない、化成肥料の使用を控える、株を弱らせないように花を早目に摘み取る、などを心がけましょう。

4 病気は予防が肝心

 バラの二大病は、うどんこ病と黒星病です。いずれも、発病してからでは治癒しにくいので、発症しやすい時期に合わせて、定期的に農薬を散布すると効果があります。

 害虫は、カミキリムシ等の移動性のものは、見つけ次第に捕殺等により駆除します。一方、アブラムシ等の定所性のものは、農薬により防除できます。

5 バラの病気と害虫

 主な病害虫について、発生しやすい部位、時期、症状、対策を図示しておきました。

 農薬散布は、それぞれの病害虫に登録のある薬剤を、規定の倍率で希釈して散布しますが、育てているバラの本数が少ない場合は、数種類の病気と害虫に効果があるスプレータイプのものを利用すると便利です。

 また、移動性害虫は、一部夜行性のものもいますが、多くは早朝に活動することから、朝方に見回ると捕殺が容易です。

                  バ ラ の 病 気 と 害 虫
IMG_20140612_0002 (600x586)
  「この図は、日本放送出版協会「ビギナーのためのバラ栽培」から引用しました。」




 春の楽しみ ~ 新苗の購入と植え付け ~ 

 バラ栽培の楽しみの一つである新苗の購入と植え付けについて紹介します。

1 新苗とは

 店頭等で販売されているバラの苗木には、開花した鉢植えの状態で流通する開花株、秋から冬に販売される2年生の大苗、春にポット植えで流通する1年生の新苗等があります。

 このうち、新苗は、前年の冬に接ぎ木されたもので、生産されて日が浅い、まだ「子どものバラ」と言えるものです。

 新苗のメリットは、鉢植え開花株や大苗に比べて価格が安いこと、前年に発表された新品種がいち早く入手できる楽しみ等があります。

 しかし、接ぎ木後の日が浅いため、生育が不安定なこと、植え付け1年目は、株の成長を優先させる必要がある等のデメリットもあります。

2 品種選び

 品種選びは、最初のお楽しみです。

 バラは、花が特に魅力で、花に惹かれて品種を選ぶことが多いと思いますが、花の魅力は無論として、最初に植える場所、耐病性、枝の性質、開花習性などを考えて選ぶことが重要です。

 特につるバラの場合には、枝を誘引する場所、枝の性質(太さ・長さ・トゲ 等)を見極めることが成功のポイントとなります。

 通信販売では、それぞれの販売ページで、品種特性について、基本的な情報を得ることができます。

 一方、店頭販売では、苗に付属しているタグで、限られた内容しか知ることができませんので、専門的知識を持った販売員に、詳しい情報を教えてもらうようにしましょう。

 また、接ぎ木した部分が剥がれやすいので、売り場で苗木を手にするときは、くれぐれも、枝をつかんで持ち上げないように注意しましょう。

3 新苗の植え付け

 植え付けは、地植えと鉢植えがありますが、いずれの場合も、新苗特有の留意点として、次のことを守りましょう。

 ★ 購入したポットのままだと根が伸びにくいので、早目に植え替えて成長させる。
 ★ 接ぎ木部が完全に癒合していないので、植え替えに当たっては、丁寧に取り扱う。
 ★ 接ぎ木部に巻いてある接ぎ木テープは、秋まで外さない(秋には、必ず取り去る)。
 ★ 風による折損等を防ぐために、植え付け後に支柱をする。


(1)地植え
 バラは永年性であり、地植えにする場合には、最初の場所選びが特に大切です。

 第一は日当たりで、一日4~5時間以上の日照時間が必要です。第二に、水はけの良い場所(土壌)を選びましょう。

 植え穴は、きちんと株間を確保することが重要で、木立のハイブリッドティの場合は80㎝、フロリバンダは60㎝程度の間隔が必要です。つるバラについては、誘引方法に応じて、枝の伸長を見越して間隔を決めます。
 
 植え穴は、深さ・直径とも40~50㎝程度の大きさとし、堀上げた土は、礫や木根を除いて穴の周囲に仮置きします。
 
 植え穴を掘った土が、極端な粘土質や礫を多量に含む場合には、用土を置き換えます。用土は、自家配合したもの(一例 赤玉土7+牛ふん堆肥等3)又はバラ専用培養土を使用すると良いでしょう。

 次に、10㍑程度の牛ふん堆肥等を穴に入れ、土を少量戻して混ぜ合わせ、その上に溶成リン肥を二つかみ程度ばらまきます。

 次に、仮置きした土を戻して植え付けますが、新苗の場合は、通常は根鉢を崩さずに植えます。

 この時、接ぎ木部分は、わずかに地上に出すこと、沈下を見込んで少し高めに植えることがポイントです。

 また株の向きについては、根ではなく枝が真上を向くようにすることも大切です。

 最後に、余った土で、株の周囲に水やりのための土手(ウォータースペース)をつくり、支柱をした後、水をたっぷりとやれば完了です。

 新苗をポットから取り出す際に、下の図のように、株元を人差し指と中指で挟んで逆さにし、そっと外すと、根鉢を崩さずに移植することができます。

 IMG (5) (434x550)
【 枝を持たずに新苗を抜くコツ 】

(2)鉢植え
 鉢植えの場合は、6号の深鉢がおすすめです。

 最近は、鉢植えでバラを楽しむ方が多くなってきていますが、最初から一気に大きな鉢に植えると、根腐れ等を起こしやすく、かえって生育が遅れます。

 用土、植え方は地植えと同様です。


4 新苗の植え付け後の管理

 新苗は、前述のように、生産されて日が浅い未熟なバラであり、今年の秋までは、株の成長を優先させることが管理のポイントです。

 そこで、購入時に開花していたものは、早目に花を摘み取る(花摘み)と共に、蕾は咲かせずに摘み取り(摘蕾)ましょう。

 この花摘みと摘蕾を9月頃まで続けると、株が早く大きくなり、11月には立派な秋バラを楽しむことができます。




       春バラを咲かせる 仕上げの作業

 バラは、2月下旬頃から、冬の寒さが和らぐにしたがって休眠から目覚め、少しずつ芽が膨らみ始めます。

 春バラに向けて、3月に行う作業として重要な作業としては、「芽出し肥」「見直し剪定」「芽かき」があります。

1 芽出し肥

 バラには、一年間に数回の肥料を施しますが、大別すると休眠期に与える元肥(寒肥)と、活動期の追肥に区分されます。

 この内、休眠期に施用する遅効性の有機質肥料の元肥(寒肥)については、2013年11月19日のマガジン12月号に記載しました。

 追肥の中で、冬剪定後に初めて与える肥料を「芽出し肥」といい、3月上旬~中旬に施用します。

 芽出し肥は、春バラに向けて、伸び出した芽の生長を促進させることが目的で、即効性の化成肥料又は液肥を使用します。

 粒状の化成肥料の場合は、株まわりへ1株につき約50㌘(1~2握り)をばらまき、軽く耕します。

 液肥は、規定の希釈倍率に薄めたものを、かん水代わりに与えると良いでしょう。

 いずれの場合も、昨秋以降に新植した株は、まだ十分に活着していませんので、肥料あたりを防ぐ意味から、状況を見ながら控えめにすることが肝要です。

 また、元気な株であっても、過剰に与えると、芽が徒長したりする原因となりますので、やり過ぎにならないように注意しましょう。

2 見直し剪定

 冬剪定で、良い芽を選んで剪定したつもりでも、寒さで芽が傷んだり、枝が枯れ込んでしまい、枝先から良い若芽が吹かないことがあります。

 また、芽の伸長方向が違っていたり、樹形が整っていなかったりすることを、改めて見つけることがあります。その場合は、勢いがあり方向の良い若芽のところまで切り戻しましょう。

 枝先に勢いの良い若芽があると、養分や水分が無駄なく運ばれて、充実した良い花が咲きます。この見直し剪定は、ときどきバラを観察して、早めに行いましょう。

IMG_20140622_0001 - コピー (600x503)
 【 見直し剪定 】

3 芽かき

 バラの芽は、1か所に3個の芽があるのが一般的で、通常は中央の芽が伸びます。しかし、何らかの理由で、3本ともに伸びる場合や、中央の芽が伸びずに両脇2本が伸長する場合があります。

 同じか所から複数の芽が伸びると、養分が分散して、大きくて形の良い花が咲かなくなります。こんな時は芽かきを行い、一番元気な芽を1本残し、その他は摘み取ります。

 芽(脇芽)を減らすことで、後に枝葉が混み合うことを防ぎ、風通しや日当たりが良くなり病害虫の被害も受けにくくなります。

 この芽かきは、大輪系のハイブリッドティでは、ぜひ行いたい作業です。

 オールドローズやイングリッシュローズなどのシュラブ系の品種やフロリバンダ(中輪房咲)では、基本的には不要ですが、芽が多すぎる場合や内側に向いている芽は、適宜にかき取りましょう。

 芽が多くなる一例として、冬期剪定で、望む位置に良い芽がなく、やむなく枝の分岐部で剪定を行った場合には、同じ高さで5本以上も放射状に芽が出ることがあります。

 この場合には、芽の向き等を考えて、1~2本に間引くことが必要です。

 また、つるバラには、芽かきは不要です。

IMG_20140622_0001 (600x554)
 【 芽かき 】
  株のリフレッシュ 自分の望むバラをイメージして剪定

 木立バラは、つるバラに比較して春の芽吹きがやや遅いこと、あまり早い時期の剪定は、良い芽の確認がしにくいことから、2月が作業適期です。

1 冬剪定の目的

 冬剪定は、バラ栽培一年のスタートであり、次のような目的で行います。

 ①樹形を整え、枝を更新する
 ③株の内部に日を当て、枝を充実させ病害虫を抑制する
 ④枝数や芽数制限し、よい花を咲かせる

2 樹形に応じた剪定

 木立バラの樹形は、大別するとブッシュとシュラブがあります。
 この樹形は、それぞれの品種の本来的形態であり、その開花習性に差があるため、これに応じた剪定を行う必要があります。

(1)ブッシュ

 ハイブリッドティやフロリバンダローズ
 新しく伸張した枝に開花するため、枝を強く(低く)切り下げても開花する。

(2)シュラブ

 オールドローズやイングリッシュローズ 等
 ブッシュとクライミング(つるバラ)の中間の性質を持ち、枝を強く切り下げると、花数が減少する。

3 ブッシュの冬剪定

(1)仮剪定

 剪定を効率よく行うために、本剪定の前に行うもので、最初に、枝の上部1/3を適当に除去し、株の内部がよく見えるようにするとともに、葉を全て取り去ります。

 次に、枯れ枝、罹患枝、良い芽のない老化枝、内向しているふところ枝、枝同士が交叉している枝の一方、下垂している枝、弱小枝等を付け根から除去します。

 IMG_0001 (389x550)
 【 ブッシュ(仮剪定)】

(2)本剪定

 ブッシュの冬剪定は、前年の第1花枝を2~3芽残して切ることが基本ですが、目安として、樹高を1/2(弱剪定)~1/3(強く、上部2/3を剪定)程度に剪定すれば良いでしょう。

 剪定位置によって、弱剪定の場合は花数の多い小さい花、強剪定はボリューム感のある大きな花が期待できます。  
 
 その際、外芽で、赤く丸みを帯びて充実した良い芽の少し上で切ることが重要です。

 また、細い枝や柔らかい枝は、枝が充実している部分まで下げて、短めに切ることが、良い芽を出させるポイントです。

 さらに、同一か所から3本以上の枝が出ている車枝は、枝数を2本程度に整理するとともに、主枝に残す枝(側枝)を2本程度に制限します。

 最後に、全体としてなだらかな中高(山形)になるように仕上げると、春の開花ラインが美しく整います。

IMG (390x550)
 【 ブッシュ(本剪定)】


4 シュラブの冬剪定

(1)仮剪定 

 シュラブの仮剪定は、ブッシュの場合よりやや高く、枝の上部1/4程度を除去しておきます。
 枯れ枝、老化枝、罹患枝等の切除はブッシュと同様です。

(2)本剪定

 シュラブは、品種の系等により開花習性が千差万別であり、例えば、イングリッシュローズの中には、ブッシュタイプとして扱えるものもありますが、一般的には、強く切り下げると花数が少なくなること、自然樹形として枝が風にそよぐ風情を楽しむこと等から、剪定位置はやや弱く(高く)樹高の2/3を目安として剪定します。

 車枝等の扱いはブッシュと同様ですが、剪定位置が高いことから、結果として残す枝数がやや多めになります。
 
 また、シュラブは、外芽の位置のみで剪定すると、株が横に広がりすぎることから、適宜に外芽と内芽を混ぜて切ると、美しい開花ラインが得られます。
 
 全体としてなだらかな山形になるように仕上げることは、ブッシュと同様です。

 いずれの樹形の場合でも、それぞれの特性を踏まえて、自分が望むバラのイメージをしっかりと思い描きながら剪定すると良いでしょう。

 また、一般的傾向として、初心者の方は、「剪定位置が高くなる・残した枝数が多い」ことがあり、結果として「開花時の樹高が高すぎる・品種本来のボリューム感のある花が咲かない」といったことが 多く見られます。

 切るマイナスよりも、切らないマイナスが大きいことを、肝に命じておきましょう。


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。